住所録データを他の PowerAddress(Win/Mac)で使うには?

住所録を他の PA で使いたい

Q. 質問

PowerAddress の住所録データの移行や共有についての質問です。PowerAddress に入力した住所録データを、他の PowerAddress(Win または Mac)で使ったり共有するにはどうしたらいいですか?

A. 回答

住所録ファイルを入れ替える、バックアップファイルを使う、エクスポートしたファイルを使うなどいくつかの方法があります。以下に代表的な方法をご紹介します。

両方の住所録を同じ状態にしたい場合

コピー元の PowerAddress フォルダ内にある住所録ファイル(data ファイル)をコピーし、コピー先の PowerAddress フォルダ内に貼り付けます(Mac ではペースト)。住所録ファイルは Win/Mac 間で互換性があります。同一のプラットフォームはもちろん、異なるプラットフォームでも移行可能です。

ただし、異なるバージョンの PowerAddress 間では移行できない場合があります。異なるバージョン間で移行したい場合は、バックアップファイルか、任意の形式でエクスポートしたファイルをご利用ください。

以下は住所録ファイルを移行する際の注意事項です。

  • 住所録ファイルのコピーまたは貼り付け(Mac ではペースト)は、必ず PowerAddress を終了してから行ってください。
  • コピー先の住所録データは上書きされます。必要であれば事前にバックアップをとってから行ってください。
  • 住所録ファイルのファイル名は変更しないでください。

すべての住所録を他の住所録に追加したい場合

コピー元の PowerAddress でバックアップファイルを作成し、そのファイルをコピー先の PowerAddress でインポートするのが最も簡単な方法です。

バックアップファイルを作成するには、エクスポート画面か設定画面にある [住所録をバックアップ…] をクリックします。[Text] を選ぶと Merge 形式(フィールド名付き CSV)でエクスポートされます。画像や音声メモなど、すべてのデータを含めたい場合は、FileMaker Pro 形式の [Text, Img] でエクスポートします。

バックアップファイルをインポートするには、インポート画面にある標準タイプの [インポート…] か設定画面にある住所録の [インポート…] をクリックします。インポート時のファイルを開くダイアログで、ファイル形式とファイル名を指定し、配置順を [照合名順] にしてインポートすれば完了です。

住所録の一部を他の住所録に追加したい場合

まず検索機能などを使って任意のレコードを抽出します。次に、対象レコードを任意のファイル形式でエクスポートし、そのファイルをコピー先の PowerAddress でインポートします。ファイル形式は、フィールドの位置合わせがしやすいように、フィールドの情報を含んだ Merge、FileMaker、Excel 形式などがよいでしょう。

インポート時は、ファイル形式に合ったインポート操作を行います。Merge、FileMaker、Excel 形式などの場合は、インポート画面にある標準タイプの [インポート…] をクリックします。インポート時のファイルを開くダイアログで、ファイル形式とファイル名を指定し、配置順を [照合名順] にしてインポートすれば完了です。

住所録ファイルを共有したい場合(v3.6.3 〜 v4.0 向け)

サポート外となりますが、住所録ファイル(data)のショートカットまたはエイリアスを、他の PowerAddress で参照する方法もあります。同時に使用することはできませんが、同じ住所録データを共有することができます。

ただし、この方法は PowerAddress の正式な使い方ではないため、設定値を変えても反映されないなどのいくつかの問題を含んでいます。また、未知の問題が発生する可能性もあります。現在の PowerAddress の基本仕様は、単体で動作するスタンドアローン形式のデータベースソフトであることに留意してください。

住所録ファイルを共有したい場合(v4.5 〜)

v4.5 からは、ライセンス情報の画面に「起動ノード数」という項目を追加しています。これは異なるノード(パソコン)での起動をカウントするものです。これにより、サポート外となりますが、ライセンスパックのライセンス数の範囲内であれば、異なるノードから同じ動作環境の PA を起動することができます。ただし、異なるノードから同時に使用することはできません。

例えば、USB メモリ、共有フォルダ、共有ディスクなどにインストールした PA を、同じ動作環境の異なるノードで起動することができます。さらに、この考えの延長線上にあるのが、Dropbox などのオンラインストレージ(クラウドストレージ)での起動ということになります。

これらの起動方法は、すべての環境や機器での動作を保証するものではありません。ご購入前にお客様の環境で十分にお試しください。また、サポート外の起動方法となりますので、お客様のご判断でご利用ください。ご利用の前にバックアップをとることをおすすめいたします。

なお、起動したパソコンの合計数は、ライセンス情報の画面の「起動ノード数」で確認することができます。この値はライセンス登録時に一旦クリアされます。

より高度な共有は、FileMaker 版の「クライアントサーバ型の同時共有」をご利用ください。自宅や社内 LAN 上の PowerAddress を、複数の FileMaker クライアント(Windows、Mac、iOS デバイスなど)から同時に共有することができます。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.x

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

カテゴリー: FAQ タグ: , , , , , , , , パーマリンク