Windows Vista のアドレス帳はインポートできますか?

Windows Vista のアドレス帳をインポートするには

Q. 質問

PowerAddress のインポート機能についての質問です。Windows Vista のアドレス帳はインポートできますか?

A. 回答

はい、インポート可能です。Windows Vista 付属のアドレス帳ですね。アドレス帳のデータを CSV か vCard でエクスポートし、そのファイルを PowerAddress(以下 PA)にインポートします。フィールド順は自動的に照合されます。

OS の違いにより若干操作方法が異なります。Windows 7、Windows XP をお使いのお客様は、以下の各ページをご覧ください。

Windows アドレス帳 CSV と vCard では、エクスポートされる項目(フィールド)や、PA にインポートする際の手順が異なります。また、Windows アドレス帳 CSV は、常に1つの CSV ファイルがエクスポートされますが、Windows アドレス帳 vCard は、1人1ファイルの vCard ファイルがエクスポートされます。以下にそれぞれの特徴を記しますので、状況に応じて使い分けてください。

Windows アドレス帳 CSV

CSV の「携帯電話 」と「オフィスの場所 」の列をインポートするには、項目名の後にある半角スペースを取り除いておく必要があります。また、PA 4.0 にインポートする場合は「自宅電話番号:」のコロンの前に半角スペースを付加する必要があります。詳しい編集方法やインポート手順は、後述の参考資料をご覧ください。編集後のインポート操作は以下のとおりです。

PA 4.5 〜 の場合は、インポート画面の “Windows アドレス帳 (CSV)” の右にある [インポート…] ボタンをクリックします。

PA 4.0 の場合は、インポート画面の “Outlook Express (CSV)” の右にある [インポート…] ボタンをクリックします。

Windows アドレス帳 vCard

PA のインポート画面の “vCard” の右にある [インポート…] ボタンをクリックします。PA 4.5 〜 の場合は、[Shift_JIS] のボタンをクリックしてからファイルを指定します。

vCard は、CSV の項目には無い「性別」や「誕生日」をインポートできるほか、3種類のメールアドレスを同時にインポートすることができます。

複数の vCard ファイルを PA にインポートするには、1ファイルずつインポートするか、 複数の vCard ファイルを1つの vCard ファイルに結合してからインポートする必要があります。ファイルを結合するには、テキストエディタかフリーソフトを使うとよいでしょう。1つの vCard ファイルをインポートするのは簡単です。

参考資料)Windows アドレス帳 CSV のインポート方法

1、Windows アドレス帳を開く

Windows アドレス帳を開くには、「スタート> すべてのプログラム」から「Windows アドレス帳」を実行します。Windows メールを開いているときは、ツールバーの [アドレス] アイコンをクリックするか、「ルーツ(T)」メニューから「Windows アドレス帳(C)…」を選択します。

2、エクスポート

アドレス帳のツールバーにある「エクスポート」をクリックします。「Windows アドレス帳のエクスポート」ダイアログが表示されますので、「CSV(カンマ区切り)」を選んで [エクスポート(E)] ボタンをクリックします。

「CSVのエクスポート」ダイアログで、エクスポート先のファイル名を指定します。[参照(R)…] ボタンをクリックし、保存する場所とファイル名を指定します。[保存(S)] ボタンをクリックすると「CSVのエクスポート」ダイアログに戻ります。

[次へ(N) >] ボタンをクリックしてエクスポートするフィールドを選択します。ここではすべての項目をチェックしてください。準備ができたら [完了] ボタンをクリックします。

エクスポートが完了すると、「アドレス帳が新しい形式に変換され、指定した場所にエクスポートされました」というメッセージ表示されます。[OK] ボタンをクリックし、「Windows アドレス帳のエクスポート」ダイアログの [閉じる(C)] ボタンをクリックします。この段階で Windows メールやアドレス帳は終了してもかまいません。

なお、「Windows アドレス帳のエクスポート」ダイアログには、「CSV ファイルの場合は、メモ帳でファイルを開き、文字コードの形式を ANSI に指定して保存し直してください」とあります。これは、CSV ファイルのエンコーディングが UTF-8 になっているためだと思いますが、PA で使う場合は特に変更する必要はありません。PA は UFT-8 をサポートしています。

3、ファイルを編集

エクスポートした CSV ファイルの一行目は、Windows アドレス帳のフィールド名が記録されています。PA は、このフィールド名を使って互いのフィールドを照合します。

しかし、この中の「携帯電話 」と「オフィスの場所 」は、なぜかフィールド名の後に半角スペースが付加されています。PA は、フィールド名の最後にスペースを付けることができないので、このままでは PA 側のフィールドと照合することができません。これらのフィールドをインポートしたい場合は、Windows 付属のメモ帳などを使って、フィールド名の後についている半角スペースを削除してください。

このほか PA 4.0 にインポートする場合は「自宅電話番号:」も編集してください。Windows XP のアドレス帳は「自宅電話番号 :」となっており、フィールド名の後に半角スペースとコロンが付加されていました。PA 4.0 のインポート処理は Windows XP のフィールド名にあわせているので、フィールド名とコロンの間に半角スペースを付加する必要があります。

4、インポート

PA 4.5 〜 の場合は、インポート画面の “Windows アドレス帳 (CSV)” の右にある [インポート…] ボタンをクリックします。

PA 4.0 の場合は、インポート画面の “Outlook Express (CSV)” の右にある [インポート…] ボタンをクリックします。

「ファイルを開く」ダイアログが表示されますので、画面下の「ファイルの種類(Macではファイルタイプ)」が「コンマ区切りテキストファイル(*.csv;*.txt)」になっていることを確認し、CSV ファイルを指定して [開く] ボタンをクリックします。

「フィールドデータのインポート順」ダイアログが表示されます。フィールド順は自動的に照合されます。初期状態では、Windows アドレス帳の CSV のフィールドに最も近い PA のフィールドが割り当てられます。必要に応じてフィールドの割り当てを変更することも可能です。特に問題なければ [インポート] ボタンをクリックしてください。

「インポートオプション」のダイアログが表示されます。オプションの「インポート中、入力値の自動化オプションを実行」は ON のままでよいでしょう。この画面の [インポート] ボタンをクリックすると、インポート処理が開始されます。インポートが完了すると「インポートの概要」ダイアログが表示されます。内容を確認し [OK] ボタンをクリックします。これでインポートは終了です。

参考)PowerAddress for Mac にインポートしたい場合は、CSV ファイルを Mac から参照できるようにしておくか、ネットワークや USB メモリなどを介して Mac のハードディスクにコピー&ペーストしておくとよいでしょう。

5、データを確認

リストやカード画面でインポートしたデータを確認します。必要であればデータを修正してください。

Windows アドレス帳と PA では、住所フィールドの構成が異なります。そのままでも使用できますが、PA の住所フィールドに沿って編集することをおすすめします。宛名がよりきれいに印刷されるほか、7種類もの住所関連データを使用することができます。

住所を分割して管理しておくと、新たな手間やコストをかけずに、データの再利用やフォーマット変換が簡単に行えます。

インポート可能なフィールド

インポート可能なフィールドは以下のとおりです。矢印の左は Windows アドレス帳のフィールド、矢印の右は初期状態で割り当てられる PA のフィールドです。

  • 名 → 名
  • 姓 → 姓
  • ミドル ネーム
  • 表示名
  • ニックネーム → 通称
  • 電子メール アドレス → 所属_mail
  • (電子メール アドレス 2 未使用)
  • (電子メール アドレス 3 未使用)
  • 自宅の番地 → 自宅_番地
  • 自宅の市区町村 → 自宅_市区町村
  • 自宅の郵便番号 → 自宅_郵便番号
  • 自宅の都道府県 → 自宅_都道府県
  • 国または地域 → 自宅_国名
  • 自宅電話番号: → 自宅_TEL
  • 自宅ファックス → 自宅_FAX
  • 携帯電話  → 携帯電話
  • 個人 Web ページ → 自宅_HP
  • 勤務先の番地 → 所属_番地
  • 勤務先の市区町村 → 所属_市区町村
  • 勤務先の郵便番号 → 所属_郵便番号
  • 勤務先の都道府県 → 所属_都道府県
  • 勤務先の国または地域 → 所属_国名
  • ビジネス Web ページ → 所属_HP
  • 勤務先電話番号 → 所属_TEL
  • 勤務先ファックス → 所属_FAX
  • ポケットベル → その他の番号
  • 会社名 → 所属
  • 役職 → 役職
  • 部署名 → 部署
  • オフィスの場所 → 所属_建物名等
  • メモ → メモ

「ミドル ネーム」は PA には対応するフィールドがありません。必要であれば、任意のフィールド(メモなど)を割り当てることができます。

「表示名」はPA  にも同名のフィールドがありますが、インポートすることはできません。必要であれば、任意のフィールドに割り当てることができます。PA の表示名は姓や名などから自動的に生成します。

「電子メール アドレス」の移行には注意が必要です。Windows アドレス帳の CSV ファイルには電子メールのフィールドが一つしかありません。このフィールドには、Windows アドレス帳で設定した「優先的に使用する電子メールアドレス」が記録されています。 初期状態ではこの電子メールアドレスを「所属_mail」に割り当てています。必要に応じて割り当てを変更するか、インポート後に編集してください。

「電子メール アドレス 2 未使用」と「電子メール アドレス 2 未使用」は、インポート途中に作成した空のフィールドです。現在はフィールドの位置合わせのためだけに使用しています。フィールドの中味は空です。

「自宅電話番号:」だけフィールド名の後にコロンが付加されています。Windows アドレス帳が、なぜこのような仕様になっているのかはわかりません。そのままにしておいてください。ちなみに、Windows XP の場合はコロンの前に半角スペースが付加されています。

「携帯電話 」と「オフィスの場所 」は、フィールド名の後に半角スペースが付加されています。Windows アドレス帳が、なぜこのような仕様になっているのかはわかりません。そのままにしておいてください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.x

参考資料

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

カテゴリー: FAQ タグ: , , , , , パーマリンク