ソフトの起動時間について

初回起動時の待ち時間

Q. 質問

PowerAddress(以下 PA)の起動時間についての質問です。PA の初回起動が遅く感じることがあります。ソフトの起動時間の目安はありますか?

A. 回答

ソフトの起動時間は、お客様の PC 環境により若干異なります。通常、PC 起動後の初回起動は待ち時間が発生しますが、2回目以降は素早く起動します。

また、Mac 版は、Windows 版よりも高速に起動します。似たようなマシン環境の場合、その差は2倍近くになる場合があります。

これらの傾向と実際の起動時間は、PA4 のデータベースエンジンである FileMaker Pro とほぼ同じです。現状では、FileMaker Pro の起動時間に左右されます。

体感速度の一例として、v4.0 住所録の登録件数テストと同様の環境で起動時間を計測してみました。以下ご参考まで。

※2010/12/22 追加
このテストは v4.0 を対象にしたものです。

テスト環境

使用パソコンは、2006年後半に発売されたノートPC(Intel Core Duo 2GHz、メモリ2GB)。OS は Windows XP Pro SP3 と Mac OS X 10.5.7 を使い分ける。

テスト方法

テスト毎に PC を再起動してソフトの起動時間を計測。起動時間は、ソフトのアイコンをダブルクリックしてから、ユーザーが操作可能な状態になるまでの時間とする。PA の起動時間は、PA のアイコンをダブルクリックしてから、リスト画面が表示されるまでの時間。各項目について5回ほど計測する。

なお、参考データとして PA4 のデータベースエンジンである FileMaker Pro 9 Advanced の起動時間も計測する。FileMaker Pro の起動時間は、FileMaker Pro のアイコンをダブルクリックしてから、クイックスタートの画面が表示されるまでの時間。各項目について5回ほど計測する。

テスト結果

この計測結果は、前述したテスト環境によるものです。お客様の PC が、テスト環境の PC よりも高速な場合は、下記の結果よりも素早く起動するでしょう。逆にお客様の PC が、テスト環境の PC よりも低速な場合は、下記の結果よりも長い起動時間になるでしょう。

  • Windows XP

PowerAddress 4.0 for Windows の起動時間

PC 起動後の初回起動:20 〜 23秒
2回目以降の起動:4秒

参考)FileMaker 9 Advanced の起動時間

PC 起動後の初回起動:20 〜 21秒
2回目以降の起動:3秒

  • Mac OS X

PowerAddress 4.0 for Macintosh の起動時間

PC 起動後の初回起動:11 〜 13秒
2回目以降の起動:2秒

参考)FileMaker 9 Advanced の起動時間

PC 起動後の初回起動:14 〜 16秒
2回目以降の起動:3 〜 6秒

まとめ

このテストで、PC 起動後の初回起動に数十秒の待ち時間が発生していることがわかります。2回目以降は、Win の場合は 4秒、Mac の場合は 2秒と、初回起動時よりも大幅に速く起動しています。

また、Windows 環境より Mac 環境の方が、約2倍高速に起動しています。

何れの環境でも、PA のデータベースエンジンである FileMaker Pro 9 Advanced と同程度の起動時間であることがわかります。Mac の場合は、FileMaker Pro 9 よりも若干速く起動しています。計測回数を増やすと同程度の結果になるかもしれません。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.0 for Windows
  • PowerAddress 4.0 for Macintosh

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

カテゴリー: FAQ タグ: パーマリンク