PA v4.x にアップグレードした方がいいですか?

フリー版からのアップグレードについて

Q. 質問

PowerAddress のバージョンについての質問です。v3.6.3 for Win/Mac を使い、お店の顧客名簿や個人の住所録を管理しています。最新版は v3.6.3 とどう違いますか? 早めにアップグレードした方がいいですか?

A. 回答

最新版を試して気に入ったら、アップグレードをご検討いただければ幸いです。v3.x をご利用中のお客様は、最新版のライセンスを優待価格で購入することができます。詳しくは以下のページをご覧ください。

新機能が早急に必要ない場合は、お客様のタイミングでアップグレード(バージョンアップ)してください。なお、旧製品のサポートは順次終了します。いつでも移行できるよう常にバックアップをとることをおすすめいたします。

特に v3.6.3 for Mac をご利用のお客様は注意が必要です。v3.6.3 は Mac OS Lion 以降の環境では動作しません。OS をアップグレードする前に、最新版へ移行するかバックアップを作成する必要があります。詳しくは以下のページをご覧ください。

v3.x と v4.9 の比較、主な利点(アップグレードの理由)

v3.6.3 と比較した場合の v4.9 の主な利点は以下のとおりです。

  • データベースを FileMaker Pro 12 にアップグレード
  • ランタイム版と FileMaker 版のライセンス処理を整理、統合
  • ランタイム利用のほか、FileMaker 製品を使ったより高度な利用が可能
  • Win、Mac のほか iOS(iPad、iPhone など)でも使用可能
  • [レコード] メニューを追加、ショートカットでの操作が可能に
  • リストの一覧画面を改善(列ソート、列順や列幅の状態維持など)
  • 表示名の自動生成処理に通称と旧姓を追加
  • 住所データに基づいた地図検索が可能
  • カード画面の画像フィールドを使ったボイスメモが可能
  • 日本語読みの曖昧検索が可能
  • レコード編集後の自動ソートが可能
  • PA_tmp フォルダを廃止、アクセス権による問題を改善
  • Excel (*.xlsx) に対応
  • Google Gmail 連絡先 CSV のエクスポートに対応
  • はがきの宛名品質が大幅に向上
  • 長形3号封筒の宛名品質が大幅に向上
  • 長形封筒と洋形封筒の横置きレイアウトを変更し、右寄せプリンタの制限を撤廃
  • 連名設定の一括 ON/OFF が可能
  • レコード毎にカスタマイズした電子メールの作成が可能
  • 複数ウインドウ表示に対応、ウインドウ毎に検索/ソート/レイアウト切替が可能
  • ポップアップヘルプに対応
  • 設定値のバックアップに値一覧(カテゴリやメモのメニューなど)を追加
  • より新しい郵便番号データベースを搭載
  • Windows Vista、7、8 に対応
  • Mac OS X 10.7、10.8 に対応

最新版の主な特長、前バージョンからの主な改善点、新機能などは以下のページをご覧ください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.x
  • PowerAddress 3.x

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

カテゴリー: FAQ タグ: , , , , , , , パーマリンク

PA v4.x にアップグレードした方がいいですか? への1件のフィードバック

  1. PowerAddress のコメント:

    PowerAddress 4.9 リリースに伴い加筆修正。アップグレードおよび優待割引は、フリーソフト版のお客様も対象となりました。この機会にぜひ最新版をお試しください!

コメントは停止中です。