複数のレコードのフィールドを一括して置換するには?

複数の人の任意の項目を一括して置換したい

Q. 質問

複数のレコードのフィールドを一括して置換(変更)することは可能ですか? 例えば、ある条件のレコードを検索した後、それらのレコードのメモ5の内容を「◎」に一括して変更する場合などです。

A. 回答

はい、可能です。複数のレコードとは、対象レコードのことですね。PowerAddress では、検索などで抽出した一連のレコードのことを「対象レコード」と呼んでいます。処理対象のレコードの集まりと言ってもいいでしょう。

対象レコードのフィールドを置換するには、スクリプトメニューの「フィールド内容の全置換…」をご利用ください。指定したフィールドの内容を、任意の値で置き換えることができます。操作は簡単です。以下の手順1〜3を実行してください。

1. 変更対象のレコードを抽出

変更対象のレコードを検索機能を使って抽出します。登録済みの全てのレコードを対象にする場合は、リストやカード画面にある [全て表示] ボタンをクリックします。

2. 変更したいフィールドを設定

リストの一覧画面かカード画面を開き、一括して変更したいフィールド値をクリックして選択するか、任意の値に編集します。実際に編集するレコードは、対象レコード内のどのレコードでもかまいません。

ご質問の例の場合は、メモ5を「◎」にします。リストの一覧画面の場合は、任意のレコードのメモ5(表形式ではポップアップ1)を「◎」にします。あらかじめ「◎」になっている場合は、フィールドを選択するだけで構いません。

カード画面の場合も、任意のレコードのメモ5を「◎」にするだけです。ただ、あらかじめ「◎」になっている場合は、フィールドを選択する代わりに一旦「◎」にする操作が必要です。この操作はカード画面のポップアップ形式のフィールドに共通する操作ですが、要するにリストでもカードでも、「◎」を入力または再入力すると覚えておくとよいでしょう。

3. 全置換を実行

スクリプトメニューから「フィールド内容の全置換…」を選択し、ダイアログの内容を確認した後、[置換] をクリックします。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.x

関連ページ

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

カテゴリー: FAQ タグ: , , パーマリンク