Outlook 2010 の連絡先をエクスポートする方法

アドレス帳をエクセルや CSV で書き出すには

Outlook 2010 の連絡先(アドレス帳)をエクセルや CSV でエクスポートする方法です。連絡先データを移行する際に参考にしてください。CSV ファイルのフィールド名を PowerAddress(以下 PA)用に編集しておけば、PA にインポートする際のフィールドの照合が一瞬で行えます。

エクスポート可能なファイル形式

Outlook 2010 の連絡先は、以下の形式のファイルをエクスポートすることができます。この中で PA がインポートできる形式は、Microsoft Excel 97-2003 とテキストファイルです。PA の対応ファイルについてはこちらをご覧ください。

  • Microsoft Access 97-2003
  • Microsoft Excel 97-2003
  • Outlook データ ファイル (.pst)
  • テキスト ファイル (DOS、カンマ区切り)
  • テキスト ファイル (DOS、タブ区切り)
  • テキスト ファイル (Windows、カンマ区切り)
  • テキスト ファイル (Windows、タブ区切り)

ちなみに、PA のサイトやソフト内では、カンマ区切りのテキストファイルのことを「CSV」や「コンマ区切りテキスト」と、タブ区切りのテキストファイルのことを「TSV」や「タブ区切りテキスト」などと呼んでいます。

エクスポート手順

エクスポート手順は以下の 1 〜 7 です。画像をクリックすると拡大します。拡大画像をクリックして画像を切り替えることもできます。

  1. 「ファイル」タブをクリックし、「開く」をクリックします。この画面内にある「インポート」をクリックすると「インポート/エクスポート ウィザード」が開きます。
    「インポート/エクスポート ウィザード」を開く

    「インポート/エクスポート ウィザード」を開く

  2. 実行する処理から「ファイルにエクスポート」を選び、[次へ(N) >] をクリックします。
    「ファイルにエクスポート」を選ぶ

    「ファイルにエクスポート」を選ぶ

  3. エクスポートするファイルの種類から「Microsoft Excel 97-2003」か「テキスト ファイル」を選び、[次へ(N) >] をクリックします。
    エクセルかテキストファイルを選ぶ

    エクセルかテキストファイルを選ぶ

  4. エクスポートするフォルダーが「連絡先」になっていることを確認し、[次へ(N) >] をクリックします。
    「連絡先」になっていることを確認

    「連絡先」になっていることを確認

  5. [参照(R) …] ボタンをクリックし、エクスポート先のファイル名を指定し、[次へ(N) >] をクリックします。
    「参照」をクリック

    「参照」をクリック

    保存先とファイル名を指定

    保存先とファイル名を指定

    確認して次へ

    確認して次へ

  6. 「”連絡先” を次の次のフォルダーからエクスポートします: 連絡先」のチェックが ON になっていることを確認します。
    エクスポートの確認

    エクスポートの確認

    この画面の [フィールドの一致(M) …] をクリックすると、エクスポートするフィールドの種類や順番を指定することができます。フィールド名を変更する場合は、右側のリストにあるフィールド名をクリックして編集します。PA 用に編集したい場合は、こちらのフィールド名の一覧を参考に編集してください。ここで編集せず、エクスポート後の CSV ファイルを直接編集しても構いません。はじめての方は「CSV やエクセルの住所録を簡単にインポートするには?」もご覧ください。

    必要であればフィールドを編集

    必要であればフィールドを編集

  7. 準備ができたら [完了] ボタンをクリックします。
    完了

    完了

エクスポートした連絡先を PA へ、自由にお試しください

FileMaker で起動または共有する場合は FileMaker 版を、単体で起動する場合やはじめての方はアプリ版をお試しください。好きな場所に展開(コピー)するだけ。詳しい手順はこちら、バージョンの違いはこちら。エクセルのテンプレートや他ソフトで作成した CSV からの移行方法はこちら

ファイル 概要 サイズ
PowerAddress 5.0 FileMaker 版(zip 圧縮) 15 MB
PowerAddress 5.0 FileMaker 版(Mac dmg 圧縮) 18 MB
PowerAddress Win 5.0 Windows アプリ版 64bit(zip 圧縮) 76 MB
PowerAddress Mac 5.0 Mac アプリ版(Mac dmg 圧縮) 91 MB

他ソフト、クラウド、スマホ… PA を住所録のハブに

PA をあらゆる住所録の情報源に

PA をあらゆる住所録の情報源に

住所録ファイルは Win/Mac/iOS 互換。対応ファイルは、コンマ区切り(CSV)、タブ区切り、エクセル、HTML、FileMaker Pro、vCard(.vcf)、Windows アドレス帳、Yahoo! アドレスブック、Google Gmail 連絡先など多彩です。Mac 環境の場合は、ボタン一つで OS 付属の連絡先(アドレスブック)を更新可能です。

他ソフトやクラウド、スマートフォンへの移行など、PA をあらゆる住所録の情報源、住所録のハブ、住所録のバックアップなどにご活用ください。関連する FAQ はこちらをご覧ください。

関連ページ

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

カテゴリー: 参考資料 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク

Outlook 2010 の連絡先をエクスポートする方法 への2件のフィードバック

  1. チャーリ-23 のコメント:

    大変役に立ちました。
    アドレスが多くなると、何かアクシデントが起きた時の復帰が大変だなと常々思っておりましたが、簡単に自分でできることが分かって、安心しました。

    • PowerAddress のコメント:

      ありがとうございます。バックアップがあると安心ですね。私も先ほどバックアップしました!

コメントは停止中です。