重複したレコードを検索するには?

重複した値を持つレコードを検索

Q. 質問

PowerAddress の検索機能についての質問です。重複したレコードを検索することはできますか?

A. 回答

カード検索を使って、重複した値を持つレコードを検索することができます。カード検索を行うには、リストやカード画面にある [検索] をクリックするか、検索画面のサブメニューにある [Simple]、[Full]、[Memo] の何れかをクリックします。

例えば、表示名が重複したレコードを検索するには、カード画面の表示名の欄に感嘆符の ! を入力して検索します。! は全角でも半角でも入力可能です。姓と名に限定したい場合は、表示名ではなく姓と名の欄に ! を入力して検索します。この場合、「山田 太郎」が2件重複していれば、その2件のレコードが抽出されます。この他に「田中 一郎」が3件重複していれば、「山田 太郎」の2件と「田中 一郎」の3件を合わせた計5件のレコードが抽出されます。

さらに条件を絞ることも可能です。例えば、姓名が同じでも会社名や電話番号が異なる場合は、重複レコードとは見なさないですね。このような場合には、表示名や姓名の欄の ! に加え、会社名や電話番号の欄にも ! を入力して検索します。検索オプションや、AND 検索、OR 検索などと組み合わせてより複雑な検索を行うこともできます。

なお、データの入力時は、フィールド内容が重複しているかどうかのヒントが得られます。オートコンプリートに対応している会社名などの場合、先頭の数文字を入力すると過去の入力履歴が表示されることがあります。履歴が表示されれば、重複した会社名であることがわかります。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.x

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

カテゴリー: FAQ タグ: , , パーマリンク