郵便番号や電話番号のインポート、先頭に 0 を追記して修正する方法

複数の人の任意の項目を一括して編集する方法

お知らせ、関連するフィード、Twitter での投稿などをまとめた Lifestream のダイジェスト版。

 

Q&A)他の住所録をインポートしたら、〒番号の先頭の 0 が消えている?(例えば 060-0000 が 60-0000 になる)◇ CSV などで書き出して、元のデータをご確認ください。PA 側で 0 を削除することはありません。
 
再インポートが面倒な場合は、スクリプトメニューの [フィールド内容の複製,移動,入替,追記…] で修正可能です。
 
例えば、所属の郵便番号を修正したい場合は、修正したいレコードを検索し、追記… のところで、[0] を [所属_郵便番号] の [前] に追記するだけで OK です。

インポート済みのデータを修正する方法

既にインポートした “60-0000” を “060-0000” に修正する方法です。ここでは所属の郵便番号を修正する例をご説明します。

  1. 修正対象の “60-0000” などのレコードを検索機能を使って抽出します。例えば、カード検索で所属の郵便番号の欄を 6* で検索するなどです。検索結果は、「リスト> 所属住所」の画面で確認するとわかりやすいでしょう。
  2. スクリプトメニューから [フィールド内容の複製, 移動, 入替, 追記…] を開きます。この画面で、”0″ を修正対象の郵便番号の前に追記する指示を行います。
  3. [追記する…] の [~を] のメニューの下から [その他…] を選び、テキストボックスに半角数字の 0 を入力します。
  4. [追記する…] の [~の] のメニューから [所属_郵便番号] を選びます。
  5. [追記する…] の [~に] のメニューから [前] を選びます。
  6. [追記する…] の [~を間に加えて] のメニューは空欄にします。
  7. [追記する…] をクリックし、対象レコードを選択して実行します。

関連ページ

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

カテゴリー: FAQ タグ: , , , , , , パーマリンク