iCloud 連絡先の vCard をインポートするには?

iCloud の連絡先を PA に移行したい

Q. 質問

iCloud 連絡先で書き出した vCard ファイルをインポートするには?

A. 回答

iCloud 連絡先で書き出した vCard ファイル(vcf ファイル)は、PA のインポート仕様と若干異なるため、vCard の編集が必要になる場合があります。

Mac であれば、iCloud と Mac の連絡先(旧アドレスブック)を同期し、Mac の連絡先で書き出した vCard を利用することをおすすめいたします。Safari をご利用の場合は、iCloud で vCard を書き出すと、自動的に Mac の連絡先が起動します。Windows の場合は、iCloud と Outlook の同期が可能です。

iCloud 連絡先の vCard を直接インポートしたい場合は、以下の手順をお試しください。

v4.9 の場合

インポート手順は以下のとおりです。データベースのインポート仕様が変わったため、エラー(エラーコード 700)を回避してインポートする必要があります。

  1. iCloud で vCard を書き出します
  2. 書き出した vCard の拡張子を *.vcf から *.txt に変更します。
  3. PowerAddress のインポート画面を開き、vCard の [インポート…] をクリックします。ダイアログの文字セットは [UTF] を選択します。
  4. ファイルを開く際のファイルタイプを「タブ区切りテキスト」にし、vCard ファイルを選択、インポートします。

上記の手順2.と手順4.がエラーの回避操作となります。詳細は以下のページをご覧ください。

v4.8.x の場合

以下は、v4.8.x 当時の記事です。現在は VERSION 表記の問題は解消しているようです。

  1. iCloud で vCard を書き出します。
  2. vCard の拡張子を .vcf から .txt に変更します。※v4.8.x 用の対処
  3. vCard をテキストエディタ(Win はメモ帳、Mac はテキストエディットなど)で開き、2行目に「VERSION:3.0」がない場合は、以下のように2行目に「VERSION:3.0」を追加して保存します。※通常の vCard は2行目に VERSION 表記があります
    BEGIN:VCARD
    VERSION:3.0
    N:山田;太郎;;;
    :
  4. PA のインポート画面を開き、vCard の [インポート…] ボタンをクリックします。
  5. ダイアログの [UTF] をクリックし、v4.8.x の場合は表示(ファイルタイプ)を「タブ区切りテキストファイル」のままにして vCard ファイルをインポートします。

町域以降の住所は PA の町域にインポートされますので、分割しておくことをおすすめします。分割して入力しておけば、分割データと連結データをもとに、あらゆる形式の住所フォーマットに対応することができます。

インポート後のデータが意図しない英数字になる場合は、vCard を更に編集する必要があります。PA のインポートに関係のない「X-APPLE-OL-NOTE; 〜」など、iCloud 連絡先 vCard の拡張項目を削除してインポートしてみてください。

v4.5 〜 v4.7 の場合

以下は、v4.8.x 当時の記事です。現在は VERSION 表記の問題は解消しているようです。

  1. iCloud で vCard を書き出します。
  2. vCard をテキストエディタ(Win はメモ帳、Mac はテキストエディットなど)で開き、2行目に「VERSION:3.0」がない場合は、以下のように2行目に「VERSION:3.0」を追加して保存します。※通常の vCard は2行目に VERSION 表記があります
    BEGIN:VCARD
    VERSION:3.0
    N:山田;太郎;;;
    :
  3. PA のインポート画面を開き、vCard の [インポート…] ボタンをクリックします。
  4. ダイアログの [UTF-8] をクリックし、表示(ファイルタイプ)を「すべて」にして vCard ファイルをインポートします。

町域以降の住所は PA の町域にインポートされますので、分割しておくことをおすすめします。分割して入力しておけば、分割データと連結データをもとに、あらゆる形式の住所フォーマットに対応することができます。

インポート後のデータが意図しない英数字になる場合は、vCard を更に編集する必要があります。PA のインポートに関係のない「X-APPLE-OL-NOTE; 〜」など、iCloud 連絡先 vCard の拡張項目を削除してインポートしてみてください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.9
  • PowerAddress 4.8.x
  • PowerAddress 4.7
  • PowerAddress 4.5

関連ページ

外部サイト

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

カテゴリー: FAQ タグ: , , , , , , , パーマリンク

iCloud 連絡先の vCard をインポートするには? への4件のフィードバック

  1. PowerAddress のコメント:

    iCloud と Win の Outlook を同期したい場合は、コントロールパネルの iCloud を開き、「連絡先、カレンダー、およびタスク」のチェックマークが ON になっていることを確認してください。

  2. PowerAddress のコメント:

    v4.8.x の場合の手順1、2 について。Win 7 + IE の場合、ブラウザ下に表示される [保存] ボタンの [▼] をクリックし、[名前を付けて保存] を選び、デスクトップなどに保存するとよいでしょう。可能であればファイル名を以下のように変えておくと便利です。

    Exported iCloud vCards.vcf
     ↓
    Exported iCloud vCards.txt

    [保存] ボタンを直接クリックした場合は、「ダウンロード」フォルダに保存されます。完了後に [フォルダーを開く] をクリックするか、自身の「ダウンロード」フォルダを開いてください。

  3. PowerAddress のコメント:

    加筆修正。v4.8.x の場合と v4.5 〜 v4.7 の場合に分けて再編集しました。

  4. PowerAddress のコメント:

    v4.8.x の場合の手順3. の vCard ファイルの編集について。vCard の拡張子を .vcf から .txt に変更しておけば、通常、その .txt ファイルをダブルクリックすると、Win ではメモ帳、Mac ではテキストエディットが開きます。

コメントは停止中です。