長形封筒への宛名印刷、用紙設定に長形3や長形4がない場合は?

長形3号や長形4号封筒に宛名印刷したい

Q. 質問

長形3号封筒や長形4号封筒に宛名印刷をしたい。しかし、使っているプリンタの用紙設定には長形封筒の用紙サイズがありません。正しく印刷するには?

A. 回答

プリンタの用紙設定に長形封筒がない場合(多くは Mac OS X)や、封筒を下側から給紙して反転印刷したい場合(プリンタドライバ側に180度反転機能がない場合)は、以下の印刷方法をお試しください。ここでは、封筒の上のフラップ(封筒を閉じる際の折り返し部分)を開いた状態で封筒の下側から給紙することを想定しています。

縦置きの印刷方法

封筒の用紙サイズを定義し、PA 側で180度反転して印刷します。用紙サイズの定義例(Mac)と印刷方法は以下のとおりです。

  1. PA の印刷画面にある [用紙設定…] をクリック → [OK] をクリック
  2. 用紙設定ダイアログの用紙サイズメニューから [カスタムサイズを管理…] を選択
  3. ボックス下の [+] をクリックし用紙名と用紙サイズを設定
    1. 長形3号封筒 → 用紙名「封筒 長形 3」、用紙サイズ「120 × 235 mm」 ※1
    2. 長形4号封筒 → 用紙名「封筒 長形 4」、用紙サイズ「90 × 205 mm」
  4. ユーザー定義した用紙サイズを選択して印刷
    1. 用紙設定:用紙サイズは「ユーザー定義」、用紙方向は「縦」
    2. 印刷画面の設定:「封筒下から給紙、ユーザー定義の長3/4号封筒を選択」 ※2
    3. 封筒の給紙方法:封筒の下側から給紙

※1)v4.5 〜 v4.8.2 の場合は用紙サイズを「120 × 264 mm」に設定します。

※2)v4.5 〜 v4.8.2 の場合は「封筒の下側から印刷、用紙設定は [A4縦]」を選択します。

横置きの印刷方法

縦置きと同様、封筒の用紙サイズを定義して印刷します。

  1. 縦置きのときと同様に封筒の用紙サイズを定義
  2. ユーザー定義した用紙サイズを選択して印刷
    1. 用紙設定:用紙サイズは「ユーザー定義」、用紙方向は「横」 ※3
    2. 封筒の給紙方法:封筒の下側から給紙

※3)v4.8.2 までの封筒の横置きの印刷は、用紙を右側に沿わせて給紙するプリンタを想定しています。中央寄せや左寄せの場合は正しく印刷されません。用紙サイズは「A4」、用紙方向は「横」を指定します。

封筒への宛名印刷例

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.9
  • PowerAddress 4.8.x
  • PowerAddress 4.5

関連ページ

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

カテゴリー: FAQ タグ: , , , , , , , パーマリンク

長形封筒への宛名印刷、用紙設定に長形3や長形4がない場合は? への6件のフィードバック

  1. PowerAddress のコメント:

    v4.9 リリースに伴い加筆修正

  2. PowerAddress のコメント:

    v4.9 のスクリーンショットに長形3号の宛名印刷例を追加。画像をクリックすると次の画像が表示されます。

    長形3号封筒 (縦置き縦書き) への宛名印刷例、国内向け
    http://poweraddress.powershift.jp/screenshot/v490bm_print_s4-1-1-1_1/

    主な変更点
    – 宛名のアルゴリズムをハガキ用をベースに長3用に最適化
    – フォントサイズ指定可
    – 表示名の選択可(会社名付きの個人宛てか、会社名宛てか)
    – 横書き時のインデント削除
    – 横置き横書きの余白設定を変更

  3. PowerAddress のコメント:

    v4.9 では、A4を想定した印刷は行いません。横置きの印刷は、該当する封筒の横を指定します。v4.8.2 までの横置き封筒は、右寄せのプリンタのみサポートしていましたが、v4.9 からはこの制限がなくなります。

  4. PowerAddress のコメント:

    v4.9 から印刷画面の設定メニューが変わります。

    ■設定メニュー内容

    #1 「封筒下から給紙、用紙設定にある長3/4号封筒を選択」
    #2 「封筒下から給紙、ユーザー定義の長3/4号封筒を選択」
    #3 「フラップから給紙(非推奨)」

    ■説明

    #1 は、
    v4.8.2 までの「封筒の下側から印刷、用紙設定は [該当する封筒の縦]」に相当します。用紙設定に「長3」がある場合は、この設定を選択します。この設定は、プリンタドライバ側で180度反転することを想定しています。

    #2 は、
    v4.8.2 までの「封筒の下側から印刷、用紙設定は [A4縦]」に相当します。Mac 環境など、用紙設定に「長3」がない場合は、この設定をお試しください。印刷前に、長3サイズ(120×235)の用紙をユーザー定義する必要があります。この設定は、ソフト側で180度反転して印刷します。

    #3 は、
    v4.8.2 までの「フラップ側から印刷」に相当します。フラップからの給紙は推奨しません。

  5. PowerAddress のコメント:

    次期バージョン v4.8.3 では、A4を使った印刷は行いません。横置き横書きの印刷は、該当する封筒横サイズに変更いたします。

  6. PowerAddress のコメント:

    印刷画面の設定を「封筒の下側から印刷、用紙設定は [A4縦]」にすると、PA 側で180度反転して印刷します。

    なぜ長形封筒は、フラップを開いて封筒の下から印刷するのか?
    恐らく、フラップ側から給紙すると紙詰まりの原因になるからだと思います。そのため、封筒の下側から給紙するわけですが、そのまま印刷すると印刷結果が逆さま(郵便番号側から印刷される)になってしまいます。そこで、フラップ付きの長形封筒に対応しているプリンタは、用紙設定で長形封筒を選ぶとドライバ側で180度反転して印刷しているのだと思います。

    PA では、用紙設定に長形封筒がない場合や、封筒を下側から給紙して反転印刷したい場合に対処するため、ソフト側で180度反転する機能を搭載しています。その機能を有効にするのが、印刷画面にある「封筒の下側から印刷、用紙設定は [A4縦]」という設定です。設定名に [A4縦] とあるのは、当初、用紙設定に長形封筒がない場合はA4縦での代替えを想定していたためです。

    しかし、この記事のとおり、用紙を定義して使用することもできます。次期バージョンでは、推奨する用紙サイズや設定名から [A4縦] という表記を削除する予定です。

コメントは停止中です。