住所録を Windows 8 のアドレス帳へ移行するには?

Windows 8 のローカルのアドレス帳への移行方法

Q. 質問

住所録データを Windows 8 のローカルのアドレス帳へ移行したい。移行方法を教えてください。

A. 回答

住所録データを Windows アドレス帳 CSV か vCard でエクスポートし、Windows 8 のローカルのアドレス帳にインポートします。Windows Live メールのアドレス帳や Windows 8 People への移行については、このページ下の「Windows Live メールのアドレス帳、Windows 8 People への移行」をご覧ください。

Windows アドレス帳 CSV で移行する場合

このファイル形式の利点は、後述の vCard よりも手軽に移行できることです。欠点は、移行できるメールアドレスが所属、自宅(個人)、携帯の何れか1つである点です。Windows アドレス帳のフィールド割り当て画面には、メールアドレスの項目が1つしかありません。

移行できる項目は以下のとおりです。

  • 姓 → 姓
  • 名 → 名
  • 所属 → 会社名
  • 部署 → 部署
  • 役職 → 役職
  • 所属_国名 → 勤務先の国または地域
  • 所属_郵便番号 → 勤務先の郵便番号
  • 所属_都道府県 → 勤務先の都道府県
  • 所属_市区町村 → 勤務先の市区町村
  • 所属_町域から建物名等(自動生成フィールド) → 勤務先の番地
  • 所属_TEL → 勤務先の電話番号
  • 所属_FAX → 勤務先のファックス
  • 所属_mail → 電子メール ※注1
  • 所属_HP → ビジネス Web ページ
  • 自宅_国名 → 自宅の国または地域
  • 自宅_郵便番号 → 自宅の郵便番号
  • 自宅_都道府県 → 自宅の都道府県
  • 自宅_市区町村 → 自宅の市区町村
  • 自宅_町域から建物名等(自動生成フィールド) → 自宅の番地
  • 自宅_TEL → 自宅の電話番号
  • 自宅_FAX → 自宅のファックス
  • 自宅_mail → (電子メール) ※注1
  • 自宅_HP → 個人 Web ページ
  • 携帯電話 → 携帯電話 ※インポート時に割り当てが必要
  • 携帯_mail → (電子メール) ※注1
  • その他の番号 → ポケットベル
  • 通称 → ニックネーム
  • メモ(備考欄) → メモ

※注1)インポート時の割り当て画面にある PA 側の「電子メールアドレス」には「所属_mail」が格納されています。「電子メールアドレス 2」には「自宅_mail」、「電子メールアドレス 3」には「携帯_mail」が格納されています。インポート時の割り当てを変更すれば、何れか1つのメールアドレスを移行できます。

移行手順は以下のとおりです。

  1. PA を起動し、検索機能などを使って移行したいレコードを抽出
  2. エクスポート画面を開き、Windows アドレス帳 CSV の [エクスポート…] をクリック
  3. [Vista /7] を指定し、任意の場所にエクスポート
  4. Windows 8 の個人用フォルダ内にある [アドレス帳] をダブルクリック ※注2
  5. ツールバーにある [インポート] をクリックし、[CSV (カンマ区切り)] を選択
  6. 「Windows アドレス帳にインポート」ダイアログの [インポート] をクリック
  7. インポートするファイルを選択し、[次へ] をクリック
  8. インポートするフィールドの割り当てを確認または変更し、[完了] をクリック
  9. 「Windows アドレス帳にインポート」ダイアログの [閉じる] をクリック

インポートすると、アドレス帳内にインポートした件数分のアドレス帳ファイルが表示されます。それぞれをダブルクリックすると詳細が表示されます。

※注2)Windows 8 のローカルのアドレス帳を開くには、タスクバーにあるエクスプローラーを使ってデスクトップを開き、その中にあるログイン名(ユーザー名)で示された個人用のフォルダを開きます。ローカルのアドレス帳はこの中にあります。連絡先を追加していない場合は、アドレス帳のフォルダ内は空です。

vCard で移行する場合

このファイル形式の利点は、所属、自宅(個人)、携帯のメールアドレスを含め、主要な項目を移行できる点です。欠点は、インポート後に人数分のプロパティが表示される点です。人数分の[OK] をクリックする必要があります。

移行できる項目は以下のとおりです。

  • 姓 → 姓
  • 名 → 名
  • 所属 → 会社名
  • 部署 → 部署
  • 役職 → 役職
  • 所属_国名 → 勤務先の国または地域
  • 所属_郵便番号 → 勤務先の郵便番号
  • 所属_都道府県 → 勤務先の都道府県
  • 所属_市区町村 → 勤務先の市区町村
  • 所属_町域から建物名等(自動生成フィールド) → 勤務先の番地
  • 所属_TEL → 勤務先の電話番号
  • 所属_FAX → 勤務先のファックス
  • 所属_mail → 電子メール
  • 所属_HP → ビジネス Web ページ
  • 自宅_国名 → 自宅の国または地域
  • 自宅_郵便番号 → 自宅の郵便番号
  • 自宅_都道府県 → 自宅の都道府県
  • 自宅_市区町村 → 自宅の市区町村
  • 自宅_町域から建物名等(自動生成フィールド) → 自宅の番地
  • 自宅_TEL → 自宅の電話番号
  • 自宅_FAX → 自宅のファックス
  • 自宅_mail → 電子メール
  • 自宅_HP → 個人 Web ページ
  • 携帯電話 → 携帯電話
  • 携帯_mail → 電子メール
  • 性別 → 性別
  • 誕生年月日(自動生成フィールド) → 誕生日
  • 通称 → ニックネーム
  • メモ(備考欄) → メモ

移行手順は以下のとおりです。

  1. PA を起動し、検索機能などを使って移行したいレコードを抽出
  2. エクスポート画面を開き、vCard の [エクスポート…] をクリック
  3. [vCard 2.1] を指定し、vcard.vcf などとして任意の場所にエクスポート
  4. Windows 8 の個人用フォルダ内にある [アドレス帳] をダブルクリック ※注3
  5. ツールバーにある [インポート] をクリックし、[vCard (VCF ファイル)] を選択
  6. 「Windows アドレス帳にインポート」ダイアログの [インポート] をクリック
  7. インポートする vCard ファイルを選択し、[開く] をクリック
  8. 人数分のプロパティが表示されるので、それぞれ [OK] をクリック
  9. 「Windows アドレス帳にインポート」ダイアログの [閉じる] をクリック

インポートすると、アドレス帳内にインポートした件数分のアドレス帳ファイルが表示されます。それぞれをダブルクリックすると詳細が表示されます。

※注3)Windows 8 のローカルのアドレス帳を開くには、タスクバーにあるエクスプローラーを使ってデスクトップを開き、その中にあるログイン名(ユーザー名)で示された個人用のフォルダを開きます。ローカルのアドレス帳はこの中にあります。連絡先を追加していない場合は、アドレス帳のフォルダ内は空です。

Windows Live メールのアドレス帳、Windows 8 People への移行

Windows 7 や Windows 8 の場合は、ローカルのアドレス帳を使う機会は少ないかもしれません。多くの場合は、クラウドやメールクライアント(Outlook や Windows Live メールなど)のアドレス帳をお使いかと思います。以下ご参考まで。

Windows Live メールは、XP の Outlook Express や Vista の Windows Mail の後継にあたる電子メールクライアントです。Windows Live メールは、Windows Essentials 2012 に含まれています。

Windows 8 には、クラウドの連絡先に接続できる「People」と、live.jp や Outlook.com、Office365 などのアカウントに接続できる「メール」があります。アカウントを追加すれば、クラウドの連絡先、Windows Live メールのアドレス帳、Outlook のアドレス帳などを Windows 8 People で使うことができます。

その他、PA の住所録データを「People」に移行したい場合は、PA で google.csv をエクスポート → Gmail 連絡先 → People といった方法もあります。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.9
  • PowerAddress 4.8.x
  • PowerAddress 4.7
  • PowerAddress 4.5

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

カテゴリー: FAQ タグ: , , , , パーマリンク

住所録を Windows 8 のアドレス帳へ移行するには? への2件のフィードバック

  1. PowerAddress のコメント:

    Windows のローカルのアドレス帳と Windows Live メールのアドレス帳は似ていますが、インポート時の仕様や項目の表示方法が微妙に違います。Windows Live メールのアドレス帳との違いは以下のとおりです。

    Windows アドレス帳 CSV で移行する場合

    • 部署を表示できる
    • インポート時のフィールドの割り当て操作(3、4項目)が不要

    vCard で移行する場合

    • 部署と役職をインポートできる
    • 所属と自宅の mail アドレス(WORKとHOMEを識別)を正しくインポートできる
    • 携帯の mail アドレス(EMAIL;OTHER)をインポートできる
    • 性別をインポートできる
    • インポート後に人数分のプロパティが表示される(唯一の欠点)

    Windows のローカルのアドレス帳の場合、人数分のプロパティの確認が面倒でなければ、vCard の方がおすすめです。

  2. PowerAddress のコメント:

    以下の文章を追加。

    Windows 7 や Windows 8 の場合は、ローカルのアドレス帳を使う機会は少ないかもしれません。多くの場合は、クラウドやメールクライアント(Outlook や Windows Live メールなど)のアドレス帳をお使いかと思います。以下ご参考まで。

    住所録を Windows Live メールのアドレス帳へ移行するには?

コメントは停止中です。