アプリ版の Win と Mac 間で移行するには?

Win アプリ版から Mac アプリ版、Mac アプリ版から Win アプリ版への移行

Q. 質問

Windows アプリ版から Mac アプリ版または、Mac アプリ版から Windows アプリ版へ移行するには?

A. 回答

同じ動作環境のアプリ版や FileMaker 版は、PowerAddress フォルダを丸ごとコピーするだけで移行できますが、Win アプリ版と Mac アプリ版は実行ファイルが異なるため、PowerAddress フォルダではなく、フォルダ内にある住所録ファイル(data ファイル)のみを移行します。PA の住所録ファイルは、Win/Mac/iOS 間で互換性があります。

移行は簡単です。まず、移行先のパソコンに PowerAddress をインストール(ダウンロード&解凍)します。次に、移行元の PowerAddress フォルダ内にある住所録ファイルをコピーし、移行先の PowerAddress フォルダ内にペースト(上書き)します。これで完了です。

ライセンスについて

複数利用する場合は、ソフトの設置数や起動数分または、使用する人数分のライセンスが必要です。カスタマイズであれば無制限となります。ライセンスの種類はこちらをご覧ください。

なお、各ライセンスの使用許諾数は、住所を同じにする同一の建物内にある同一の企業または団体内に限り有効です。同一の企業または団体でも、異なる住所や異なる建物で利用する場合は、店舗や事務所毎にライセンスが必要です。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.9
  • PowerAddress 4.8.x

関連ページ

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

カテゴリー: FAQ タグ: , , , , , パーマリンク