更新日

PA の住所録を Mac 連絡先アプリ、iCloud、iPhone、iPad で閲覧

Q. 質問

住所録データの編集や更新は PA のみで行っています。PA で更新した住所録データを iPhone や iPad でも閲覧したいのですが、Mac 連絡先アプリを更新する際、住所録データが重複したり、メモの内容が重複したりします。何かよい方法はありますか?

A. 回答

Mac、iPhone、iPad
住所録を Mac の連絡先や iPhone へ

住所録の編集は PA のみで行い、適当な時期に Mac 連絡先アプリを更新するのですね。Mac 連絡先アプリが iCloud と同期していれば、最新情報を iPhone や iPad で閲覧することができます。

大雑把な手順ですが、以下の方法をお試しください。この方法は、常に PA の最新情報を上書きするので、Mac 連絡先アプリや iPhone で編集した内容は上書きされます。必要であれば、事前に Mac 連絡先アプリや iCloud のデータをバックアップしてください。

  1. PA を起動
  2. 更新したい住所録データを検索機能などを使って抽出 ※注1
  3. 久しぶりに更新する場合は、必要に応じてフィールド内容の最適化
  4. PA のエクスポート画面にある [Mac 連絡先を更新…] をクリック ※注2
  5. Mac 連絡先アプリに読み込む際に、[重複項目を確認…] をクリック 
  6. ダイアログ下の [すべてに適用] をチェック ※注3
  7. [新しい方を残す] をクリック(要注意!上書きです。他の方法は下の ※注4 を)

あとは iCloud で勝手に同期されるので、iPhone や iPad で最新の情報が閲覧できます。iPhone、iPad、Mac での iCloud の設定方法は、以下の Apple のページをご覧ください。

※注1)検索方法について
全ての住所録データを更新したいなら、リストやカード画面にある [全て表示] をクリックします。今月更新したものだけなら、カード検索の画面を開き、更新日の欄に 2016/03 などと入力して検索します。より詳しい検索方法は「レコードの検索、ソート」をご覧ください。

※注2)PA からの更新処理について
PA の内部で vCard を生成し、Mac 連絡先アプリへ取り込みます。vCard 生成時のオプション設定は、PA の設定> データ移行> vCard の画面ご利用ください。例えば、Mac 連絡先アプリのメモ欄には、PA のメモ(カード画面の備考欄)を割り当てています。割り当てのフィールドは自由に変更することができます。より詳しい情報は「設定: vCard エクスポート時のオプション」をご覧ください。

※注3)重複項目の確認方法について
1件ずつ確認したい場合はチェックを外します。

※注4)重複処理について
各選択肢の処理概要は以下のとおりです。より詳しい情報は、Mac 連絡先アプリのヘルプを参照してください。

[古い方を残す]:Mac 連絡先アプリのデータが残り、PA のデータは登録されません。
[新しい方を残す]:PA のデータが登録されます。
[両方とも残す]:Mac 連絡先アプリのデータと PA のデータの両方が登録されます。
[アップデート]:重複項目が統合されます。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9