主な特長

数種類の住所データを自動生成

住所データの再利用が容易

住所は、郵便番号から建物名までを分割した6つのフィールドと、それらを自動的に組み合わせた7つのデータを利用することができます。データを移行する際は、移行先のフォーマットを気にする必要はありません。あらゆる住所フォーマットに再利用可能です。

パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*