PowerAddress フォルダのバックアップ、リストア

PowerAddress フォルダを丸ごとバックアップ

PowerAddress フォルダを丸ごと任意の場所に保存します。住所録ファイル以外の関連ファイルもバックアップします。ファイルサイズは大きくなりますが、住所録データと設定値を含めた完全なバックアップが可能です。主な特徴は以下のとおりです。

  • PowerAddress フォルダをコピー&ペーストするだけの簡単操作
  • PowerAddress フォルダ毎の起動も可能
  • 住所録データと設定値を含めた完全なバックアップが可能
  • ファイルサイズが大きくなる

PowerAddress フォルダ毎のバックアップとなるので、簡単バックアップ設定値のバックアップで作成したファイルも全てバックアップ可能です。PowerAddress フォルダのバックアップは、日頃の簡単バックアップや設定値のバックアップと組み合わせるとより効果的です。

リストアするには、バックアップした PowerAddress フォルダを丸ごと任意の場所に移動します。ご利用中の PowerAddress フォルダを上書きする場合はくれぐれもご注意ください。

バックアップした PowerAddress は個別に起動できますが、バックアップ目的以外で複数使用する場合は、使用数に応じたライセンスが必要です。個人様であればプロフェッショナル向けライセンスの「プロ (LP5)」以上、法人様であれば「グループ (LP10)」以上のグレードがおすすめです。ライセンス一覧はこちらをご覧ください。

関連ページ

こちらの記事もどうぞ (自動生成)