設定値のバックアップ、リストア

設定値やメニュー内容をバックアップ

設定値をバックアップするには、「設定 > 一般」レイアウトにある [設定値のバックアップ…] をクリックします。バックアップを行うと、PowerAddress フォルダ内に設定値のバックアップファイルが作成されます。ファイル名は以下のとおりです。同じ名称のファイルがある場合は上書き保存します。

  • Preferences

リストアするには、「設定 > 一般」レイアウトの [設定値のバックアップ…] の右隣にある [インポート…] を使用します。Preferences ファイルが存在しない場合はエラーを返します。

v4.8.2 からは、PA_backup フォルダ内に、カテゴリ、メモの項目名、ポップアップメモなどのメニュー内容もバックアップされます。メニュー内容をカスタマイズしている場合に役立つバックアップです。ファイル名は以下のとおりです。同じ名称のファイルがある場合は上書き保存します。

  • D1_カテゴリ.txt
  • D2_性別.txt
  • D3_メモ1-4の項目.txt
  • D4_メモ5-8の項目.txt
  • D5_メモ5-8の内容.txt
  • D6_敬称.txt
  • D7_その他の連名.txt
  • M1_メール_宛先指定.txt
  • M2_メール_トピック.txt
  • M3_メール_メッセージ.txt
  • P1_AIRMAILなどの注記.txt
  • P2_Winフォント一覧.txt
  • P3_Macフォント一覧.txt

上記ファイルのファイル形式はテキストファイル、エンコーディングは UTF-16、改行コードは CR です。Windows 環境の場合は、メモ帳ではなくワードパッドで開いてください。改行が正しく表示されます。ワードパッドで開くには、ファイルを右クリックし、[プログラムから開く> ワードパッド] を選択してください。Mac 環境の場合は、テキストエディットで開くことができます。そのままダブルクリックして開いてください。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)