任意のレコードのバックアップ、リストア

エクスポート機能を使ったバックアップ

通常のエクスポート機能を使ってバックアップします。主な特徴は以下のとおりです。

  • 通常のエクスポートなので、バックアップ形式が自由に選べる
  • バックアップの度に一連のエクスポート操作が必要
  • 設定値は含まない

まず、バックアップしたいレコードを検索機能などを使って抽出します。次に、通常のエクスポート機能を使って、任意のファイル形式でエクスポートします。通常のエクスポートなので、ファイル形式、ファイルの保存場所、ファイル名、バックアップするフィールドとその順序、出力ファイルの文字セットなどを自由に設定することができます。ファイル形式やエクスポート手順の詳細は以下のページをご覧ください。

リストアは通常のインポート機能を使います。インポート画面を開き、ファイルタイプに応じた [インポート…] ボタンをご利用ください。インポート手順の詳細は以下のページをご覧ください。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)