設定画面

設定用のレイアウト

PowerAddress の諸設定を行うレイアウトです。メニュータブの下には、レイアウトを切り替えるためのサブメニューを配置しています。以下は各レイアウトの概要です。

一般

ソフトウェア全般の挙動を設定します。起動時に開くレイアウト、レイアウトの切り替え方、ウインドウサイズの調整方法、フィールド内容の最適化方法など、ソフトウェアを利用する上での基本事項を設定します。設定値や住所録をバックアップすることもできます。

カラー

カラーラベルとメニュータブの色を設定します。カラーラベルとは、「性別」または「カテゴリ」に基づきレコードを色分けする情報フィールドです。リストレイアウトの左から2列目と、カードレイアウトの表示名欄に配置しています。

カスタムメモ

カスタムメモ1~8の項目名を設定します。カスタムメモ1~4はテキスト形式のメモ、カスタムメモ5~8はポップアップ形式のメモです。カスタムメモは、「リスト> メモ」レイアウトや、カードレイアウトに配置しています。項目名は任意の値を設定することができます。

地図

地図検索サイトに関する諸設定を行います。あらかじめ地図検索サイト1には「Google マップ」の URL が、地図検索サイト2には 「Yahoo!地図」の URL が設定されています。地図検索サイト3は空欄になっていますので、任意の地図検索サイトの URL などを設定することができます。

カードレイアウトなどにある「Map」ボタンをクリックすると、既定のブラウザが起動し、ここで設定した地図検索サイトが表示されます。

郵便番号DB

郵便番号データベースに関する諸設定を行います。郵便番号データベースの使用/不使用、郵便番号データベースから住所や大口事業所名を転載する際の諸設定が行えます。

郵便番号データベースは、カードレイアウトなどにある「所属」ラベルや「〒」ラベルをクリックすると起動します。その他、スクリプトメニューからも開くことができます。

検索

検索に関する諸設定を行います。横断検索時の曖昧検索設定、検索結果の表示方法、検索をキャンセルしたときの挙動などを設定することができます。

データ移行

拡張タイプのインポートおよびエクスポートに関する諸設定を行います。メニュータブの下には、レイアウトを切り替えるためのサブメニューを配置しています。設定可能なファイルタイプは、vCard、Windows アドレス帳 CSV、Google Gmail 連絡先 CSV です。

印刷

印刷に関する諸設定を行います。メニュータブの下には、レイアウトを切り替えるためのサブメニューを配置しています。印刷の一般設定、はがきの詳細設定、封筒とラベルの詳細設定、差出人情報の設定などが行えます。

セキュリティ

住所録ファイルのパスワード設定を行います。住所録ファイルとは、PowerAddress フォルダ内にある data というファイルのことです。お客様が入力した住所録データはこのファイルに保存されます。

ライセンス

ライセンス情報の管理を行います。ライセンスキーを購入した際に使用します。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)