Google Gmail 連絡先 CSV のエクスポート設定

Google Gmail 連絡先 CSV をエクスポートする際のオプションを指定します。エクスポート処理は、PowerAddress の対象レコードを Google Gmail 連絡先 CSV 形式のファイルに変換してから行われます。変換作業は自動で行われます。フィールド順や文字セットの指定は不要です。この設定は v4.7 からご利用いただけます。

ふりがな変換

ふりがなをエクスポートする際、全角または半角に変換したものを使うか否かを指定します。以下の何れかを指定することができます。

  • 現在のふりがな ← Win/Mac 初期値
    現在のふりがなフィールドの値をそのままエクスポートします。ふりがなフィールドは、カードレイアウトの姓、名、所属フィールドの上に配置しています。
  • 全角カナに変換
    現在のふりがなフィールドの値を全角カタカナに変換した値をエクスポートします。
  • 半角カナに変換
    現在のふりがなフィールドの値を半角カタカナに変換した値をエクスポートします。

敬称

敬称のエクスポート方法を指定します。以下の何れかを指定することができます。

  • Name Prefix
    敬称を Name Prefix に割り当ててエクスポートします。
  • Name Suffix
    敬称を Name Suffix に割り当ててエクスポートします。
  • エクスポートしない ← Win/Mac 初期値
    敬称をエクスポートしません。

グループ

カテゴリ(グループ)のエクスポート方法を指定します。以下の何れかを指定することができます。

  • カテゴリ + Myコンタクト ← Win/Mac 初期値
    PowerAddress のカテゴリに Google Gmail 連絡先の Myコンタクトを加えたものをエクスポートします。
  • カテゴリ
    PowerAddress のカテゴリのみエクスポートします。
  • Myコンタクト
    Google Gmail 連絡先の Myコンタクトのみエクスポートします。
  • エクスポートしない
    カテゴリ(グループ)をエクスポートしません。

外部サイト

こちらの記事もどうぞ (自動生成)