設定: 長封筒縦置きの印刷方法

長形3号封筒縦置き、長形4号封筒縦置きの印刷方法を設定します。

長形3号封筒と長形4号封筒は、封筒の上にフラップ(封筒を閉じる際の折り返し部分)があるため、お使いのプリンタによって給紙方法が異なる場合があります。また、用紙設定の違いにより印刷方法が異なる場合もあります。詳しくはプリンタのマニュアルをご確認ください。

給紙方法は以下の2つを想定しています。

  • 封筒の下側から給紙(推奨)
  • フラップ側から給紙

用紙設定は以下の2つを想定しています。

  • 長形3縦または長形4縦を選択
  • ユーザー定義の長形3縦または長形4縦を選択

プリンタの仕様は以下の3つを想定しています。

  • 封筒の下側から給紙し、プリンタドライバ側で印刷結果を180度回転して印刷
  • 封筒の下側から給紙し、そのまま印刷(180度回転しない)
  • フラップ側から給紙し、そのまま印刷(180度回転しない)

以上のことから、PowerAddress では以下の3つの印刷パターンを想定し設定できるようにしています。

  • 封筒下から給紙、用紙設定にある長3/4号封筒を選択 ← Win/Mac 初期値
    封筒を下側から印刷するタイプのプリンタを使用し、用紙設定を該当する封筒の縦(長形3縦または長形4縦)にする場合の設定です。この設定を選んだ場合は、プリンタドライバ側で180度反転して印刷されることを想定しています。
  • 封筒下から給紙、ユーザー定義の長3/4号封筒を選択
    封筒を下側から印刷するタイプのプリンタを使用し、用紙設定をカスタム用紙サイズ(該当する封筒の縦)にする場合の設定です。ドライバの制約等から、長形3縦または長形4縦を選べない場合も含みます。この設定を選んだ場合は、PA 側で180度反転して印刷します。
  • フラップから給紙(非推奨)
    封筒をフラップ側から印刷するタイプのプリンタを使用し、用紙設定を該当する封筒の縦(長形3縦または長形4縦)にする場合の設定です。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

設定: 長封筒縦置きの印刷方法 への1件のフィードバック

  1. PowerAddress のコメント:

    フラップ側から給紙は紙づまりの原因になる場合があります。ご利用の前にプリンタのマニュアルをご確認ください。

コメントは停止中です。