設定: はがきのフォント

はがき宛名のフォントを選択します。フォントメニューには、あらかじめいくつかのフォント名をサンプルとして入力しています。フォントメニューは、自由に編集することができます。

PowerAddress はフォントを同梱していません。お手持ちのフォントを追加したい場合は、フォントメニューから「編集…」を選び、メニュー内の任意の行に追加したいフォントのフルネームを入力してください。フォント名の大文字と小文字は区別されますので、正確なフォント名を入力してください。

縦書きJのフォント(日本向け)

はがき縦置き縦書き時のフォントを設定します。日本国内向けの設定値です。設定したフォントは、都道府県から建物名までの住所、所属宛ての肩書(所属、部署、役職)、姓、名、自宅宛の連名、敬称に適用されます。設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

横書きJのフォント(日本向け)

はがき縦置き横書き、はがき横置き横書き時のフォントを設定します。日本国内向けの設定値です。設定したフォントは、都道府県から建物名までの住所、所属宛ての肩書(所属、部署、役職)、姓、名、自宅宛の連名、敬称に適用されます。設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

横書きEのフォント(英語圏向け)

はがき縦置き横書き、はがき横置き横書き時のフォントを設定します。英語圏向け(英表記設定ON)の設定値です。設定したフォントは、都道府県から建物名までの住所、所属宛ての肩書(所属、部署、役職)、姓、名、自宅宛の連名、敬称に適用されます。設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

フォントのフルネームを確認するには

以下はフォントのフルネームを確認する方法です。ご参考まで。

Windows XP でフォントのフルネームを確認するには

コントロールパネルの「デスクトップの表示とテーマの関連項目> フォント」をクリックします。コントロールパネルがクラシック表示の場合は、コントロールパネルの「フォント」をクリックします。追加したいフォントをダブルクリックすると、フォント名(XP の場合は書体名)とサンプルが表示されます。

Windows Vista や Windows 7 でフォントのフルネームを確認するには

コントロールパネルの「デスクトップのカスタマイズ> フォント」をクリックします。コントロールパネルがアイコン表示の場合は、コントロールパネルの「フォント」をクリックします。追加したいフォントをダブルクリックすると、フォント名とサンプルが表示されます。

Mac OS X でフォントのフルネームを確認するには

Mac のアプリケーションフォルダにある Font Book を起動します。まず、左の欄で任意のコレクションを選び、追加したいフォントファミリーの ▶ をクリックします。次に、フォントファミリーの中から追加したいフォントを選びます。あとは、右欄に表示されたフルネームのテキストをコピーし、 PA の宛名のフォントメニューに追加します。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)