設定: はがき縦書きの設定

はがき縦置き縦書きの諸設定を行います。

半角英数字記号を全角英数字記号に変換する

はがき縦書きの住所、肩書(所属宛て)、姓名に半角英数字記号がある場合、それらを全角英数字記号に変換するか否かを設定します。縦書きにしたい場合は、全角英数字記号に変換する必要があります。なお、設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

チェックボックスをクリックして ON/OFF を切り替えます。
ON/OFF での状態は以下のとおりです。

  • ON ← Win/Mac 初期値
    全角英数字記号に変換します。
  • OFF
    何もしません。

アラビア数字を漢数字に変換する

はがき縦書きの住所、肩書(所属宛て)、姓名に全角または半角のアラビア数字がある場合、それらを漢数字に変換するか否かを設定します。なお、設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

チェックボックスをクリックして ON/OFF を切り替えます。
ON/OFF での状態は以下のとおりです。

  • ON
    アラビア数字を漢数字に変換します。
    例)住所内にアラビア数字がある場合の変換例
    3丁目 → 三丁目
    末広町5の7  → 末広町五の七
  • OFF ← Win/Mac 初期値
    何もしません。

番地区切り文字を変換する

はがき縦書きの住所、肩書(所属宛て)、姓名に、番地区切りなどに使われる数種類のハイフンがある場合、それらを指定した文字に変換するか否かを設定します。長音符「ー」と半角長音符「ー」は変換の対象外です。

初期状態の一部のハイフンは、半角と全角、Windows と Mac、フォントの種類などの条件により、縦書きに変換されない場合があります。この状態を均一にするため、縦書き時は、数種類のハイフンを縦書き向けの文字に変換する必要があります。なお、設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

チェックボックスをクリックして ON/OFF を切り替えます。
ON/OFF での状態は以下のとおりです。

  • ON ← Win/Mac 初期値
    ハイフンを設定値「番地区切りなどに使用するハイフンの代替文字」に変換します。
  • OFF
    何もしません。

番地区切りなどに使用するハイフンの代替文字

設定値「番地区切り文字を変換する」が ON のとき、番地区切りなどに使用するハイフンを変換します。対象となるフィールドは、はがき縦書きの住所、肩書(所属宛て)、姓名です。なお、設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

以下の何れかを指定することができます。
「その他…」を選ぶと、任意の文字を指定することができます。

  • - ← Win/Mac 初期値
  • その他…

参考)「その他…」と「編集… 」の違い
「その他…」は、現在表示している文字を編集します。編集した文字はメニューには追加されません。他の設定値などにある「編集… 」はメニューの内容を編集します。編集した内容はメニューに反映されます。

特定フォントの長音符を変換する

Mac 環境で特定のフォントが選択されているとき、はがき縦書きの住所、肩書(所属宛て)、姓名の長音符「ー」をハイフンや負符号に変換するか否かを設定します。

Mac の一部のフォントでは、長音符「ー」が縦書きに変換されない場合があります。このため、特定のフォントが選択されているときだけ、長音符「ー」をハイフンや負符号に変換する必要があります。なお、設定が適用されるデータは印刷用のデータです。ユーザーが入力したデータは影響を受けません。

チェックボックスをクリックして ON/OFF を切り替えます。
ON/OFF での状態は以下のとおりです。

  • ON ← Win/Mac 初期値
    Mac の一部のフォントの長音符「ー」をハイフンや負符号に変換します。
  • OFF
    何もしません。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)