セキュリティ、パスワードの設定

ユーザーが入力した住所録データは、PowerAddress フォルダ内にある data というファイル(住所録ファイルと呼びます)に保存されます。このファイルにパスワードを設定すると、設定したパスワードを入力しない限り、データの閲覧はもちろん、検索、インポート、エクスポート、バックアップの書き出し、印刷など、PowerAddress の一切の操作が禁止されます。たとえ、住所録ファイル(data)を持ち出され、他の PowerAddress で開こうとしても、設定したパスワードを入力しない限り操作できません。

パスワードを設定すると、PowerAddress を起動する度にログインウインドウ(アカウント名とパスワードの入力画面)が表示されます。ログインするには、アカウント名の欄に「user」、パスワードの欄に「設定したパスワード」を入力し、[OK] ボタンをクリックします。

アカウント名について

アカウント名は常に「user」を使用します。変更することはできません。

パスワードを設定するには

  1. PA を起動し、「設定> セキュリティ」画面を開きます。
  2. [ログインウインドウを開きパスワードを設定…] ボタンをクリックします。「パスワードの変更」という確認ダイアログが表示されるので [OK] をクリックします。
  3. 「「data」を開く」というログインウインドウが表示されますので、下にある [パスワード変更…] をクリックします。
  4. 「パスワード変更」というダイアログが表示されます。旧パスワードの欄に現在使用中のパスワードを入力します。はじめて設定する場合は、アカウント名と同じ「user」を入力してください。このパスワードは PowerAddress の初期パスワードです。
  5. 新パスワードの欄に新たなパスワードを入力します。確認のため、同じものを新パスワード確認の欄に入力します。最後に [OK] をクリックします。

以上でパスワードは変更されました。一旦、PA を終了してください。次回起動時には、上記手順3.のログインウインドウが表示されます。アカウント名を「user」にし、パスワードの欄に新たに入力したパスワードを入力してください。

ログイン時のアカウント名は、環境設定にあるユーザ名が使用されます。アカウント名を「user」にしたい場合は、以下の操作を行います。

Windows の場合

[編集] メニューの [環境設定…] を開き、ユーザー名のその他の欄に「user」と設定しておきます。

Mac の場合

[FileMaker Pro] メニューの「環境設定…」を開き、ユーザー名のその他の欄に「user」と設定しておきます。

パスワードを入力しない状態に戻すには

パスワードを初期パスワードの「user」に設定し直すと、パスワードを入力せず自動的にアクセスする状態に戻ります。

注意事項

パスワードを忘れると、住所録ファイルへのアクセスが二度とできなくなります。お問い合わせいただいても、パスワードを解除することはできませんのでご注意ください。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)