損傷ファイルの修復

ファイルが損傷を受けた場合の対処方法

強制終了、停電、ハードウェアの問題、またはその他の原因により、PowerAddress のファイルが損傷を受ける場合があります。万が一損傷した場合は修復処理を行うことができますが、損傷の度合いにより修復できない場合もあります。最悪のケースに備え、定期的にバックアップを行うことをおすすめします。

通常は、データベースが開かれたときに、必要に応じて自動修復処理が実行されます。以下の修復作業は、ファイルを開くことができない場合にのみ使用してください。修復が成功した場合は、すぐにバックアップファイルをエクスポートし、新たな PowerAddress に移行することをおすすめします。

PowerAddress のファイルを修復するには (Win/Mac アプリ版)

  1. 修復コマンドの実行キー(Windows では Ctrl + Shift、Mac では Command + Option)を押しながら PowerAddress を起動し、「損傷したファイルを選択」ダイアログが表示されるまでキーを押したままにします。
  2. 修復するファイルを指定し、[選択] をクリックします。
  3. 修復結果を確認し、[OK] をクリックします。
  4. 「損傷したファイルを選択」ダイアログが再表示されます。他にファイルを修復するか、[キャンセル] をクリックします。
  5. 修復したファイルを使って PowerAddress が自動的に開きます。損傷ファイルは、ファイル名の最後に「(旧)」が追加されます。

PowerAddress のファイルを修復するには (FileMaker 版)

PowerAddress FM フォルダ内にある main.fmp12、data.fmp12、zipcode.fmp12 および、PA_lib フォルダ内にある関連ファイルは、PowerAddress 自身のファイルです。これらのファイルが損傷すると、起動時に修復を促すメッセージが表示されます。修復方法は以下のとおりです。

  1. FileMaker Pro が起動していることを確認します。PowerAddress が開いている場合は、ファイルメニューの [閉じる] を実行するか、画面上の [Quit] をクリックして PowerAddress だけを閉じます。
  2. FileMaker Pro の [ファイル] メニューから [修復…] を実行し、「損傷したファイルを選択」ダイアログを表示します。
  3. 修復するファイルを選択し、修復後のファイル名を指定して [保存] をクリックします。
  4. 修復結果を確認し、[OK] をクリックします。
  5. 他に修復するファイルがあれば、手順2〜3. を繰り返します。
  6. 損傷したファイルを PowerAddress FM フォルダ外に退避します。
  7. 修復したファイルの名称を元のファイルと同じ名称にします。
  8. PowerAddress を起動し動作を確認します。

PowerAddress のファイルを修復したら

万全を期すため、新たな PowerAddress(以下、PA)をダウンロードして展開し、すべてのデータを移行することをおすすめします。

  1. データベースの内容を確認します。
  2. 旧 PA のデータをバックアップします。※1
  3. 新 PA をダウンロードして任意の場所に展開します。くれぐれも旧 PA を削除(上書き)しないようご注意ください。
  4. 新 PA にバックアップファイルをインポートして移行します。※2
  5. カテゴリやメモなどのメニューを編集している場合は、新旧 PA 間でコピー&ペーストするなどして移行する必要があります。

※1、エクスポート画面や「設定> 一般」画面にある [住所録をバックアップ…] を使うと、全てのレコードを簡単にバックアップすることができます。設定値をバックアップするには、[設定値のバックアップ…] をクリックします。

※2、[住所録をバックアップ…] を使った場合は、旧 PA の PA_backup フォルダ内にあるファイルをインポートします。[設定値のバックアップ…] を使った場合は、旧 PA の PowerAddress フォルダ内の Preferences を新 PA の PowerAddress フォルダ内にコピー&ペーストし、「設定> 一般」画面の [設定値のバックアップ…] の右隣にある [インポート…] をクリックします。

その他のファイルの修復 (FileMaker 版)

以下のような PowerAddress の起動とは直接関係のないファイルを修復する場合は、PowerAddress が開いていても修復することができます。

  • 住所録のバックアップファイル(PA_backup/backup_text_img.fmp12)
  • 設定値のバックアップファイル(Preferences)
  • FileMaker Pro 形式でエクスポートしたファイル
  • その他、ご自身でお使いの FileMaker Pro 形式のファイル

修復方法は、PowerAddress のファイルの修復方法 (FileMaker 版) とほぼ同じです。修復についての詳細は、お使いの FileMaker 製品のドキュメントをご覧ください。

関連ページ

こちらの記事もどうぞ (自動生成)