住所録ファイルとは

data ファイル

PowerAddress フォルダ内にある data ファイルのことを「住所録ファイル」と呼びます。住所録テーブルを格納しているファイルです。ユーザーが入力したすべての住所録データは、この住所録ファイルに保存されます。ファイルを入れ替えて使う際は十分ご注意ください。

PowerAddress フォルダの名称や住所録ファイルの拡張子は、PowerAddress のバージョンにより若干異なります。

v4.8 〜 v4.9 の住所録ファイル

v4.8 〜 v4.9 のアプリ版の住所録ファイルは、PowerAddress RT フォルダ内の data.pa12 です。Win/Mac/iOS 間で互換性があります。同じバージョンのアプリ間であれば、ファイルを入れ替えて使うことができます。iOS で使う場合は、アプリ版の main.pa12、data.pa12、zipcode.pa12 の3ファイルを一緒に使用してください。拡張子を *.pa12 から *.fmp12 に変更すれば、同じバージョンの FileMaker 版の住所録ファイルとしても使えます。

v4.8 〜 v4.9 の FileMaker 版の住所録ファイルは、PowerAddress FM フォルダ内の data.fmp12 です。Win/Mac/iOS 間で互換性があります。同じバージョン間であれば、ファイルを入れ替えて使うことができます。iOS で使う場合は、FileMaker 版の main.fmp12、 data.fmp12、zipcode.fmp12 の3ファイルを一緒に使用してください。FileMaker 版の住所録ファイルは、拡張子を変えてもアプリ版では使用できません。

v4.5 〜 v4.7 の住所録ファイル

v4.5 〜 v4.7 のアプリ版の住所録ファイルは、PowerAddress RT フォルダ内の data.pa7 です。Win/Mac 間で互換性があります。同じバージョンのアプリ間であれば、ファイルを入れ替えて使うことができます。

v4.5 〜 v4.7 のFileMaker 版の住所録ファイルは、PowerAddress FM フォルダ内の data.fp7 です。Win/Mac/iOS 間で互換性があります。同じバージョン間であれば、ファイルを入れ替えて使うことができます。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*