メール画面を使った作成/送信

メニュータブの [メール] をクリックしたときの画面を使います。送信方法は、メールソフト経由のみです。機能は限定されますが、To/Cc/Bcc(宛先)やトピック(件名)をポップアップメニューから選べるので、メール送信ダイアログよりも手軽にメールを作成できます。メッセージの内容は、テキストファイルに保存することができます。詳細は以下のページをご覧ください。以下にいくつかの作成方法を例示します。

トピックやメッセージのカスタマイズ方法は以下のページをご覧ください。

メールソフトを使って送信する場合は、Windows では、Microsoft Outlook、Outlook Express などが、Mac OS X では、AppleMail、Microsoft Entourage などがインストールされ、既定のメールアドレスとして正しく設定されている必要があります。

PowerAddress を FileMaker Pro で開くと、SMTP サーバー経由での送信や、より複雑なメールの作成が可能です。フィールド名の指定と計算式の指定がより詳しくできるほか、メッセージをテキストファイルから挿入したり、添付ファイルを指定することが可能です。詳しくは「メール送信ダイアログを使った作成/送信」をご利用ください。

関連ページ

こちらの記事もどうぞ (自動生成)