メール画面を使った電子メールの編集

電子メールのトピック(件名)やメッセージ(本文)は、自由に編集することができます。住所録の任意のフィールドを差し込むことも可能です。編集する際は、以下の点に注意してください。

  • テキストや空白は半角の ”  ” で囲んでください。
  • メッセージ内の改行は ¶ を使用してください。
  • テキストとフィールドを結合する場合は半角の & を使ってください。
  • ” ” 内に ” を使用する場合は、” の前に \(バックスラッシュ)を追加してください。
  • フィールド名は以下のページを参考に正しい名称を入力してください。

トピック(件名)の編集

以下はあらかじめ用意している入力メニューです。この中から指定するか、編集した値を指定することができます。項目名を追加する場合は、ドロップダウンリストから「編集…」を選び入力メニューを編集します。「-」はメニューの区切り線です。ドロップダウンリストの項目は、自由に編集することができます。

  • “あけましておめでとうございます”
  • “あけましておめでとう”
  • “寒中お見舞い申し上げます”
  • “暑中お見舞い申し上げます”
  • “メリークリスマス”
  • “引っ越しました”
  • “メールアドレスが変わりました”
  • 表示名 & ” ” & 敬称 & “、あけましておめでとうございます”
  • 表示名 & “さん、あけましておめでとうございます”
  • (空欄) ← Win/Mac 初期値
  • 編集…

メッセージ(本文)の編集

サンプル1

メッセージ欄の下にある [メッセージのサンプルを表示…] をクリックすると、以下のサンプルが表示されます。この例は、メッセージを1行毎に分割して結合した例です。このサンプルは v4.8.x に収録していまが、少し複雑かもしれません。カスタマイズする場合は、この次に掲載しているサンプル(v4.9)がおすすめです。

表示名 & " " & 敬称 & "¶" &
"¶" &
"あけましておめでとうございます。¶” &
"昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。¶" &
"¶" &
"PowerAddress¶” &
"http://poweraddress.powershift.jp/¶” &
"¶"

以下の例は「あけましておめでとうございます〜最終行まで」を一つの ” ” でまとめています。このサンプルは v4.9 に収録しています。メールの結果は上の例と同じです。

表示名 & " " & 敬称 & ¶ &
¶ &
“あけましておめでとうございます。¶
昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。¶
¶
PowerAddress¶
http://poweraddress.powershift.jp/¶"

表示名が「山田 太郎」で敬称が「様」と場合、実際のメールは以下のようになります。

山田 太郎 様

あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。

PowerAddress
http://poweraddress.powershift.jp/

サンプル2

文章内に任意のフィールドを差し込みたい場合は、フィールドとテキストを & で結合します。フィールドは ” ” で囲めないのでご注意ください。以下は、ID フィールド(カード画面の名の上にあるフィールド)を文章内に差し込んだ例です。

表示名 & " " & 敬称 & ¶ &
¶ &
“あけましておめでとうございます。¶
昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。¶
¶
あなたの識別番号は “ & ID & “ です。¶
¶
PowerAddress¶
http://poweraddress.powershift.jp/¶"

ID が「777」の場合、実際のメールは以下のようになります。

山田 太郎 様

あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。

あなたの識別番号は 777 です。

PowerAddress
http://poweraddress.powershift.jp/

サンプル3

以下は、ID フィールドを改行して文章内に差し込んだ例です。

表示名 & " " & 敬称 & ¶ &
¶ &
“あけましておめでとうございます。¶
昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。¶
¶
あなたの識別番号は以下のとおりです。¶
¶” &
ID & ¶ &
Ҧ
PowerAddress¶
http://poweraddress.powershift.jp/¶"

ID が「777」の場合、実際のメールは以下のようになります。

山田 太郎 様

あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。

あなたの識別番号は以下のとおりです。

777

PowerAddress
http://poweraddress.powershift.jp/

関連ページ

外部サイト

フィールド名や演算子を使った計算式は FileMaker Pro の基本機能の一つです。詳細は、FileMaker Pro のヘルプ「式と関数の使い方」をご覧ください。以下は、テキストの編集に関連する主なトピックです。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

メール画面を使った電子メールの編集 への3件のフィードバック

  1. PowerAddress のコメント:

    v4.9 からは、メッセージ欄の下にある [メッセージのサンプルを表示…] をクリックしたときのサンプルが変わります。このページのサンプル1の2目のものを使用します。「あけましておめでとうございます〜最終行まで」を一つの ” ” でまとめています。カスタマイズする場合はこの部分を変更するとよいでしょう。

  2. PowerAddress のコメント:

    ” ” で括った文章中に ” があるとエラーになります。この場合は、” の前に \(バックスラッシュ)を挿入します。

  3. PowerAddress のコメント:

    このページを新規追加しました。
    現在のソフト内のメッセージのサンプルは、メッセージを1行毎に分割して結合していますが、本文を ” ” でまとめた方がわかりやすいかもしれません。

    なお、フィールドは ” ” でくくれないので、文の途中に任意のフィールドを差し込む場合は、以下のように ” ” でくくった文とフィールド名を & で結合します。

    “前半の文” & フィールド名 & “後半の文”

コメントは停止中です。