1件のメール (現在のレコード1件) を作成/送信

現在のレコードの指定したメールアドレス宛てに、1つの電子メールを作成し送信する方法です。この例は、メール送信ダイアログを使った「現在のレコードのアドレス宛に1つのメールを作成/送信」とほぼ同じです。

電子メールの作成と送信方法

手順1. レコードを選択

送信先のレコードを選択します。例えば、山田太郎さんの自宅宛てのメールを作成/送信したい場合は、リスト、カード、検索画面などを使って山田太郎さんを表示します。

手順2. メール画面を開く

メニュータブの [メール] をクリックしてメール画面を開きます。

手順3. 件数と対象を指定

メール画面左の「件数と対象」以下のようにします。

件数と対象: 1件の電子メール(現在のレコード、1件)

手順4. 宛先を指定

「To:」、「Cc:」、「Bcc:」などの送信先を、各欄の右にある [▼] から指定します。よく使うメールアドレスをメニューに加えたり、一時的なメールアドレスを欄内に直接入力することも可能です。以下は、「To:」を現在のレコードの自宅(プライベート用)のメールアドレスにした例です。

To : 自宅_mail
Cc :
Bcc :

手順5. トピック(件名)を作成

任意のテキスト、任意のフィールド名、演算子などを使ってトピックを作成します。入力欄の右にある [▼] に編集可能なサンプルがあります。以下は、年賀状メールの場合のトピック例です。カスタマイズ方法はこちらをご覧ください。

トピック: “あけましておめでとう”

手順6. メッセージ(本文)を作成

任意のテキスト、任意のフィールド名、演算子などを使ってメッセージを作成します。入力欄の下にサンプルを表示するためのボタンがあります。以下は、年賀状メールの場合のメッセージ例です。カスタマイズ方法はこちらをご覧ください。

メッセージ: 表示名 & “ ” & 敬称 & ¶ &
¶ &
“あけましておめでとう!¶

Powershift より”

作成したメッセージをテキストファイルに保存するには、入力欄の下の [メッセージをエクスポート…] をクリックします。

手順7. メールソフトの挙動を設定

「件数と対象」の右にある「メールソフトの挙動を設定」で、[メールの作成/送信…] をクリックした後のメールソフトの挙動を設定します。[ダイアログなしで実行] を ON にすると、作成したメールが直ちに送信されます。送信前に内容を確認したい場合は OFF にし、メールソフト側で内容を確認の上、送信してください。

  • ダイアログなしで実行:ON
    作成したメールが直ちに送信されます。
  • ダイアログなしで実行:OFF ← 初期値
    作成したメールが下書きの状態(件数分のウインドウが表示されたり、下書きフォルダに保存)になります。

手順8. メールの作成/送信を実行

メール画面のメニュータブの下にある [メールの作成/送信…] をクリックします。

送信メッセージの例

以下は、メールの送信者が「Powershift」、送信者のメールアドレスが「support@powershift.ne.jp」、現在のレコードの表示名が「山田 太郎」のときのメッセージ例です。

メールヘッダー Return-Path: support@powershift.ne.jp
From: Powershift <support@powershift.ne.jp>
Subject: あけましておめでとう
Date: (送信日時)
To:  (宛先で指定したメールアドレス)
メール本文
山田 太郎 様

あけましておめでとう!

Powershift より

関連ページ

こちらの記事もどうぞ (自動生成)