vCard 2.1 / vCard 3.0

vCard 形式のテキストファイルです。vCard ファイル(vcf ファイル)は、個人情報を扱うためのデータフォーマットの一つです。Windows のアドレス帳、Mac OS X の連絡先(アドレスブック)、iCloud、携帯電話など、多くのソフトや携帯情報端末で使われています。

インポートについて

vCard 2.1 または vCard 3.0 のファイルを PowerAddress 形式のファイルに変換してからインポートします。変換作業は自動で行われます。

v4.8 〜 v4.9 でのインポート

FileMaker Pro 12 からのテキストファイルのインポート仕様により、インポート時にエラー(エラーコード 700)が発生します。エラーを回避する方法は以下のページをご覧ください。

v4.5 〜 v4.7 でのインポート

ファイルを開く際のファイルタイプは「すべて」にしてください。フィールド順は自動的に照合されます。vCard のエンコーディングは、Shift_JIS と UTF-8 に対応しています。QUOTED-PRINTABLE はサポートしておりません。

拡張子の例:*.vcf
対応する動作環境:Windows、Mac

エクスポートについて

vCard 形式のファイルに変換してからエクスポートします。変換作業は自動で行われます。フィールド順の指定は不要です。エクスポートの際、vCard 2.1 か vCard 3.0 を選択することができます。画像フィールド(オブジェクトフィールド)はエクスポートできません。

デフォルトの拡張子:*.vcf
対応する動作環境:Windows、Mac

vCard 2.1 の文字エンコードは以下のとおりです。

  • 日本語 (Shift-JIS)

vCard 3.0 の文字エンコードは、「設定> データ移行> vCard」画面の「vCard 3.0 出力文字セット」で指定します。この設定画面はエクスポート画面の「vCard」の文字をクリックして表示することもできます。選択可能な文字セットは以下のとおりです。

  • Unicode (UTF-16)
  • Unicode (UTF-8) ← Mac 初期値
  • 日本語 (Shift-JIS) ← Win 初期値

vCard 2.1 / vCard 3.0 の改行コードは、動作環境と文字エンコードにより若干異なります。Windows 版でエクスポートした場合は CRLF です。Mac 版の場合は、日本語 (Shift-JIS) のときだけ CRLF で出力、Unicode (UTF-8)、Unicode (UTF-16) のときは CR となります。

関連機能

Mac 環境のエクスポート画面にある [アドレスブックを更新…] ボタンをクリックすると、対象レコードの vCard が自動的にエクスポートされ、Mac OS X 付属の連絡先(アドレスブック)に取り込まれます。ボタン一つで実行できるので、vCard ファイルを手動でやりとりする手間が省けます。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>