更新日

レイアウト毎の入力方法、データの確定と保存など

フィールドへのデータの入力方法について説明します。

入力可能なレイアウト

PowerAddress は、一つまたは複数のレコードを様々なレイアウトで表示することができます。レイアウトは必要に応じて切り替えて使用してください。表計算ソフトのような表形式で入力したい場合は、リストの一覧画面を使用します。フォーム形式で入力したい場合は、カード画面を使用します。印刷結果やメール配信内容を確認しながら入力したい場合は、印刷詳細画面やメール画面を使用します。

入力可能なレイアウトは以下のとおりです。

  • リスト > 一覧
  • カード
  • 印刷 > カード(詳細画面)
  • 印刷 > はがき(詳細画面)
  • 印刷 > 長封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 洋封筒(詳細画面)
  • 印刷 > 角封筒(詳細画面)
  • 印刷 > ラベル(詳細画面)
  • メール

リストレイアウトでデータを入力するには

  1. リストのサブメニューから [一覧] をクリックします。
  2. 入力したいフィールドをクリックし入力します。Tab キー や return キーを押すと、次のフィールドが入力可能状態となります。

カード、印刷詳細、メールレイアウトでデータを入力するには

  1. カードまたは印刷詳細レイアウトを表示します。
  2. 入力したいフィールドをクリックし入力します。Tab キー や return キーを押すと、次のフィールドが入力可能状態となります。

入力したデータを確定するには

フィールドに入力された値は、次の操作を行った時点で確定されます。確定されたデータは自動的に保存されます。

  • 他のレコードを選択する
  • 現在のフィールド以外の場所をクリックする
  • Windows 版の場合、テンキーの Enter または Ctrl+Enter(テンキーがない場合)を押す
  • Mac 版の場合、enter キーを押す