フィールド内容の最適化

対象レコードまたは、現在のレコード内の全フィールドを最適化します。文字書式(フォントやサイズ等)はデフォルト書式に、半角入力を推奨するフィールド(TEL や Mail 等)は半角文字に変換します。また、データの前後に余分な空白がある場合や、末尾に不要な改行がある場合はそれらを取り除きます。

最適化の内容

処理対象となるフィールドは、カード画面などに配置している入力用のフィールドです。宛名印刷の書式設定とは関係ありません。主な処理内容は以下のとおりです。

  • 入力データのフォントを初期状態に揃えます。Windows では「MS Pゴシック」、Mac では「ヒラギノ角ゴ Pro W3」となります。宛名印刷には影響しません。
  • 入力データのフォントサイズを「12 pt」に揃えます。宛名印刷には影響しません。
  • 入力データの文字色を「黒」に揃えます。宛名印刷には影響しません。
  • 入力データのスタイルを「標準」に揃えます。宛名印刷には影響しません。
  • 入力データの前後に空白がある場合は、それらの空白を削除します。
  • 入力データの前後に改行がある場合は、それらの改行を削除します。
  • 姓が空の場合は、姓のふりがなを削除します。
  • 名が空の場合は、名のふりがなを削除します。
  • 所属名が空の場合は、所属名のふりがなを削除します。
  • 姓、姓ふりがな、名、名ふりがな、所属名、所属名ふりがなにあるハイフン、マイナス、ダッシュなどを長音符(U+30FC)に揃えます。
  • 通称、旧姓のハイフンやマイナスを長音符(U+30FC)に揃えます。
  • 最適化設定の「所属ふりがな内のハイフンマイナス(U+002D)を長音符(U+30FC)に変更する」が ON の場合は、所属名ふりがなにその処理を適用します。
  • 国名、郵便番号、TEL、FAX、mail、URL、その他の番号、携帯電話にある長音符、ハイフン、マイナス、ダッシュなどをハイフンマイナス(U+002D)に揃えます。また全角の英数字と記号を半角の英数字と記号に揃えます。
  • 最適化設定の「住所内の改行」で指定した処理を、町域、番地、建物名等に適用します。
  • 本人と家族の誕生年、誕生月、誕生日を半角数字に揃えます。
  • 作成日と更新日に不正な値がある場合(日付以外)はこれを削除します。

フィールド内のデータを最適化するには

  1. 必要に応じて対象レコードを編成します。全てのレコードを処理対象にする場合は、対象レコードを全て表示します。
  2. スクリプトメニューから「フィールド内容の最適化…」を選択します。検索レイアウトや設定レイアウトでは実行できません。
  3. フィールド内容の最適化ダイアログの内容を確認し、処理対象のレコードを選び実行します。

最適化のオプションを設定するには

オプションを設定するには、「設定> 一般」画面の「フィールド内容の最適化設定」をご利用ください。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)