更新日

[ファイル] メニューの主なコマンドについて説明します。

[開く…] (FileMaker 版)

FFileMaker Pro のファイルを開きます。別の PowerAddress を開く場合は、別の PowerAddress フォルダ内にある main を指定して開きます。

[共有ファイルを開く…] (FileMaker 版)

ネットワーク上の共有ファイルを開きます。PowerAddress を他のパソコンまたはサーバーでホストしている場合は、このコマンドを使って、任意のホストの main ファイルを開くことができます。詳細は「クライアントサーバ型の同時共有」をご覧ください。

[閉じる] (FileMaker 版)

PowerAddress を閉じます。このコマンドは、main ウインドウ内の「Quit」ボタンと同じ働きをします。

[共有設定…] (FileMaker 版)

PowerAddress をネットワークで共有する際に使用します。以下のコマンドがあります。

FileMaker Server にアップロード…

PowerAddress を FileMaker Server にアップロードする際に使用します。アップロードするファイルは、main、data、zipcode ファイルです。アップロード方法の詳細は、FileMaker のマニュアルをご覧ください。

FileMaker クライアントと共有…

現在開いている PowerAddress をネットワークで共有する(ホストする)には、共有設定メニューから「FileMaker ネットワーク…」を開き、「ネットワーク共有」を「オン」にします。共有を停止するには「オフ」にします。詳細は「クライアントサーバ型の同時共有」をご覧ください。

ODBC/JDBC を有効にする…

PowerAddress では使用しません。

FileMaker WebDirect の構成…

アクセス権は設定済みです。WebDirect の設定は、FileMaker Server で行なってください。

[パスワード変更…] (Win/Mac アプリ版)

住所録ファイル(data ファイル)のパスワードを設定します。このコマンドは、「設定 > セキュリティ」レイアウトの [ログインウインドウを開きパスワードを設定…] ボタンと同じ働きをします。

パスワードを設定する際は、ログインウインドウのアカウント名が「user」になっていることを確認してください。パスワードの変更やログインは、常に「user」アカウントが対象となります。アカウント名の変更はできません。パスワードに関する詳細は「セキュリティ、パスワードの設定」をご覧ください。

[印刷設定…] (FileMaker 版、Win アプリ版) 

印刷時のプリンタ、用紙サイズ、印刷の向きなどを設定します。このコマンドは、「印刷」レイアウトの [用紙設定…] ボタンと同じ働きをします。

[用紙設定…] (FileMaker、Mac アプリ版)

印刷時のプリンタ、用紙サイズ、印刷の向きなどを設定します。このコマンドは、「印刷」レイアウトの [用紙設定…] ボタンと同じ働きをします。

[メール…] (FileMaker 版)

レコードデータに基づいた電子メールを作成し送信します。メールの件名や本文に任意のフィールドを差し込むことができます。送信方法は、電子メールソフトか、任意の SMTP サーバーを指定することができます。詳細は「電子メールの作成と送信」をご覧ください。

[修復…] (FileMaker 版)

FileMaker Pro 形式のファイルを修復します。PowerAddress が起動しているときは、自身のファイルを修復することはできません。PowerAddress 自身のファイルを修復する場合は、PowerAddress だけを終了(閉じる)しておく必要があります。PowerAddress だけを終了するには、ファイルメニューの [閉じる] を実行するか、画面上の [Quit] をクリックします。詳細は「損傷ファイルの修復」をご覧ください。