[レコード] メニュー

[レコード] メニューの主なコマンドについて説明します。いくつかの項目はコンテキストメニュー(右クリックメニュー)やレイアウト上のボタンからも使用できます。

[新規レコード]

レコードを新規作成します。レイアウト上の [新規] ボタンと同じ働きをします。

[レコード複製]

現在のレコードを複製します。レイアウト上の [複製] ボタンと同じ働きをします。

[レコード削除…]

現在のレコードを削除します。レイアウト上の [削除…] ボタンの後の [このレコード] をクリックしたときと同じ働きをします。

[全レコード削除…] / [対象レコード削除…]

全レコードまたは対象レコードを削除します。全レコードを表示しているときは [全レコード削除…] が表示されます。対象レコードを表示しているときは [対象レコード削除…] が表示されます。何れのコマンドも、レイアウト上の [削除…] ボタンの後の [対象レコード] をクリックしたときと同じ働きをします。

[全レコードを表示]

全てのレコードを表示します。レイアウト上の [全て表示] ボタンと同じ働きをします。

[対象外のみを表示]

対象外になっているレコードを表示し、対象レコードを入れ替えます。レイアウト上の [対象入替] ボタンと同じ働きをします。

[レコードを対象外に]

現在のレコードを対象外します。レイアウト上の [対象外…] ボタンの後の [除外] をクリックしたときと同じ働きをします。

[複数レコードを対象外に…]

複数のレコードを対象外します。レイアウト上の [対象外…] ボタンの後の [複数指定…] をクリックしたときと同じ働きをします。

[ソート解除]

現在のソートを解除し、レコードが作成された順に戻します。このコマンドは、リスト、インポート、エクスポート、印刷一覧画面の右上にある「順序」の欄の右側にある [x] ボタンをクリックしたときと同じ働きをします。ソートの状態は、リスト、インポート、エクスポート、印刷一覧画面の右上にある「順序」で確認することができます。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)