印刷の基本操作

印刷の基本操作を説明します。まずは、印刷したいレコードを検索機能やレコードの除外機能などを使って抽出します。次に、リスト画面で、対象レコードの数、種類などを確認し、必要であれば任意の項目でソート(並び替え)します。最後に、印刷のレイアウトを選び、印刷内容のプレビューを確認して印刷します。

全てのレコードを印刷するには

  1. 全てのレコードを表示します。画面右上の「対象」と「総数」の数が同じであれば、全てのレコードが表示されていることになります。「対象」は現在編成中の対象レコードの数を、「総数」はデータベース内の全てのレコードの数を示しています。対象が少ない場合は、レイアウト上にある [全て表示] ボタンをクリックし、全てのレコードを対象レコードにします。
  2. 必要であれば、リスト画面を開き任意の列名でソートします。
  3. 印刷画面でレイアウトを選びます。用紙アイコンをクリックすると印刷のプレビュー画面が表示されます。
  4. 用紙設定を行い印刷します。印刷ダイアログの印刷対象は [対象レコード] にします。印刷範囲(ページ)の指定は、[すべて] にするか、任意の開始ページと終了ページを指定します。

条件に合ったレコードだけを印刷するには

  1. 検索機能やレコードの除外機能などを使い、印刷したいレコードを抽出します。
  2. リスト画面で、対象レコードの数、種類などを確認し、必要であれば任意の項目でソートします。
  3. 印刷画面でレイアウトを選びます。用紙アイコンをクリックすると印刷のプレビュー画面が表示されます。
  4. 用紙設定を行い印刷します。印刷ダイアログの印刷対象は [対象レコード] にします。印刷範囲(ページ)の指定は、[すべて] にするか、任意の開始ページと終了ページを指定します。この場合の [すべて] は、対象レコードの全てという意味です。

レコードを1件だけ印刷するには

  1. カードや印刷画面で印刷したいレコードを表示します。この際、スクリプトメニューから [現在のレコードのみ表示] を実行すると、対象レコードが現在表示中の1件のみになります。
  2. 印刷画面でレイアウトを選びます。用紙アイコンをクリックすると印刷のプレビュー画面が表示されます。
  3. 用紙設定を行い印刷します。印刷ダイアログの印刷対象は [現在のレコード] にします。対象レコードを1件にしている場合は、[対象レコード] でも印刷可能です。

その他の基本操作

プリンターの設定、用紙設定、印刷対象レコードの指定、印刷範囲(ページ)の指定方法など、印刷時に共通する一般的な操作方法を説明します。

レイアウト別の印刷方法

関連ページ

外部サイト

iPad や iPhone などの iOS デバイスで印刷するには、AirPrint 対応のプリンタが必要です。AirPrint の詳細は、以下の Apple サポートページをご覧ください。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)