印刷結果を PDF や XPS で確認または保存するには

印刷結果を PDF や XPS などの電子ドキュメントで確認すると紙の節約になります。よく印刷する名簿や宛名は保存しておくのもよいでしょう。印刷結果を配布する際にも便利です。もちろん、電子ドキュメントを開いて印刷することもできます。

Windows の場合

Windows Vista からは、XPS 形式の電子ドキュメントに対応しています。Windows XP をお使いのお客様はこちらをご覧ください。PDF 形式の電子ドキュメントを使うには、別途、PDF 出力用の市販ソフトやフリーソフトをインストールする必要があります。

印刷結果を XPS で確認するには、印刷時のプリンタを「Microsoft XPS Document Writer」にします。その他の操作方法は通常の印刷と同じです。印刷を実行すると、プリンタに印刷する代わりに、XPS 形式の電子ドキュメントが生成されます。保存した XPS をダブルクリックすると、XPS ビューアーというソフトが起動し、印刷結果が表示されます。印刷も可能です。

Windows での操作例

  1. 印刷画面の [印刷…] をクリックし、印刷ダイアログを開きます。※1
  2. プリンタの名前のメニューから「Microsoft XPS Document Writer」を選びます。
  3. メニューの右にある [プロパティ…] をクリックし、用紙と印刷の向き※2を選択します。さらにメニュー右の [プロパティ…] をクリックすると XPS の設定が行えます。※3
  4. 通常の印刷のように、印刷対象のレコード、印刷範囲、部数などを設定し、[OK] をクリックします。
  5. 「ファイル名を付けて保存」ダイアログが表示されますので、ファイル名を付けて任意の場所に保存します。
  6. 保存した XPS ファイルをダブルクリックして開きます。※4

※1)印刷ダイアログにある「ファイルへ出力」は OFF のままにします。このオプションを ON にすると印刷用のファイルが生成されます。このファイルは XPS とは関係ありません。また、XPS のように印刷結果を閲覧することはできません。

※2)用紙と印刷の向きの設定は、印刷画面の [用紙設定…] をクリックした後の「プリンターの設定」ダイアログでも行えます。

※3)XPS を保存したときに自動的に XPS ビューアーを開くには、「XPS ドキュメント」タブを開き、[XPS ビューアーを使って自動的に XPS ドキュメントを開く] のチェックマークを ON にします。

※4)参考:XPS ビューアーのパスは以下のとおりです。
Windows 7 の場合は C:¥Windows¥System32¥xpsrchvw.exe
Windows Vista の場合は C:¥Windows¥system32¥XPSViewer¥XPSViewer.exe

プリンタ名に「Microsoft XPS Document Writer」がない場合

Windows XP などの場合は、Microsoft から以下のファイルをダウンロードすると XPS の表示や生成が行えるようになります。32bit 版と 64bit 版がありますので、ご利用中の OS の種類を確認し、適したファイルをダウンロードしてください。

Mac OS X の場合

PDF 形式の電子ドキュメントに対応しています。印刷結果を PDF で確認または保存するには、印刷ダイアログの左下にある [PDF ▼] メニューを使います。用紙設定、印刷対象のレコード選択、印刷範囲、部数などの設定は、通常の印刷と同じです。

印刷結果を PDF で確認するには、印刷ダイアログの左下にある [PDF ▼] をクリックし、[プレビューで PDF を開く] を選択します。PDF 形式の電子ドキュメントが生成され、印刷結果が表示されます。PDF の保存や印刷も可能です。

印刷結果を PDF で保存するには、印刷ダイアログの左下にある [PDF ▼] をクリックし、[PDF として保存…] を選択します。保存した PDF をダブルクリックすると、PDF に関連付けられたソフト(プレビューや Adobe Reader など)が起動し、印刷結果が表示されます。印刷も可能です。

Mac での操作例

  1. 印刷画面の [用紙設定…] をクリックし、用紙と印刷の向きを設定します。
  2. 印刷画面の [印刷…] をクリックし、印刷ダイアログを開きます。
  3. 通常の印刷のように、印刷対象のレコード、印刷範囲、部数などを設定します。
  4. 印刷ダイアログの左下にある [PDF ▼] をクリックし、[プレビューで PDF を開く] を選択します。PDF で保存する場合は [PDF として保存…] を選択します。※1

※1)参考:プレビューは Mac のアプリケーションフォルダにあります。

iOS(iPad、iPhone、iPod touch)の場合

PDF 形式の電子ドキュメントに対応しています。印刷結果を PDF で確認または保存するには、印刷設定ダイアログの下にある [PDF] メニューを使います。用紙設定、印刷対象のレコード選択、印刷範囲、部数などの設定は、通常の印刷と同じです。

印刷結果を PDF で確認するには、印刷設定ダイアログの下にある [PDF] をタップし、[表示] を選択します。PDF 形式の電子ドキュメントが生成され、印刷結果が表示されます。印刷も可能です。

印刷結果を PDF で保存するには、印刷設定ダイアログの下にある [PDF] をタップし、[保存] を選択します。PDF 形式の電子ドキュメントが生成され、デバイス上のファイル領域に保存されます。ファイル名は「main.pdf」となります。同じファイル名がある場合は、「main 1.pdf」、「main 2.pdf」などとなります。保存した PDF をタップすると、PDF に関連付けられたソフトが起動し、印刷結果が表示されます。印刷も可能です。

iOS での操作例

  1. 印刷画面の [印刷…] をタップし、印刷設定ダイアログを開きます。
  2. 通常の印刷のように、レコード範囲、ページ範囲、用紙サイズと方向などを設定します。
  3. 印刷設定ダイアログの下にある [PDF] をタップし、[表示] を選択します。PDF で保存する場合は [保存] を選択します。

関連ページ

外部サイト

こちらの記事もどうぞ (自動生成)

印刷結果を PDF や XPS で確認または保存するには への2件のフィードバック

  1. PowerAddress のコメント:

    XPS ではがきや封筒の横置きを選択する場合は、用紙サイズを「はがき」や「封筒 長形 3 号」にし、印刷の向きを「横」にします。

    ■はがきの横置きの場合
    用紙サイズ:はがき
    印刷の向きを:横

    ■長形3号封筒の横置きの場合
    用紙サイズ:封筒 長形 3 号
    印刷の向きを:横

    XPS の用紙サイズには、「はがき 横」や「封筒 長形 3 号 横」などがあります。これらを選択した場合は、印刷の向きを「縦」にする必要があります。一般的な指定方法に沿って「はがき」や「封筒 長形 3 号」を選択し、印刷の向きを「横」にする方がわかりやすいでしょう。

    ※封筒の横置きを「該当する封筒のサイズ」で印刷するには、PowerAddress 4.9 以上が必要です。

  2. PowerAddress のコメント:

    プリンタの名前のメニューに「Microsoft XPS Document Writer」がない場合の対処方法を追加。主に Windows XP ユーザー向けの情報です。

コメントは停止中です。