クライアントサーバ型の同時共有

FileMaker でホスト、他の FileMaker からアクセス

PowerAddress を FileMaker 製品でホストすると、クライアントサーバ型の同時共有が可能となります。 v5.0 からは Web ブラウザを使った共有(FileMaker WebDirect)も可能です。

同時共有の方法

FileMaker Pro または FileMaker Server で PowerAddress をホスト(親)として開き、同一ネットワーク上の他の FileMaker クライアント(子となる Win/Mac/iOS)から同時にアクセスします。

まず、ホストとなるパソコンまたはサーバーを決め、FileMaker Pro か FileMaker Server を使って、PowerAddress を開き共有設定を行います。あとは、ネットワーク上の FileMaker クライアント(Windows、Mac、iOS デバイスなど)から、ホストの PowerAddress にアクセスするだけです。FileMaker 製品を使うと、一つの PowerAddress を簡単に同時共有することができます。

ホストするには

FileMaker Pro でホストするには、ホストとなるパソコンで main を開き、[ファイル> 共有設定> FileMaker ネットワーク…] の [ネットワーク共有] を ON にします。ON にすると、TCP/IP アドレスが表示されます。クライアントからアクセスする際は、この IP アドレスを使ってホストのパソコンを指定します。

FileMaker Server でホストするには、ホストとなるパソコンまたはサーバーで FileMaker Server を起動し、main、data、zipcode をアップロードして開きます。

クライアントからアクセスするには

ネットワーク上の Windows や Mac から開くには、各パソコンで FileMaker Pro を起動し、[ファイル> 共有ファイルを開く…] でホストのパソコンと main を指定して開きます。iPad や iPhone から開くには、各 iOS でバイスで FileMaker Go を起動し、[ローカルネットワークホスト] をタップして main を開きます。

必要な FileMaker 製品

Windows や Mac で同時共有するには、各パソコンに FileMaker Pro 16 が必要です。iPad や iPhone からアクセスするには、各 iOS デバイスに FileMaker Go(無料)が必要です。複数の FileMaker クライアント(Windows、Mac、iOS デバイス)で同時共有するには、ホストとなるパソコンまたはサーバに FileMaker Server 16 が、クラウドで共有するには FileMaker Cloud が必要です。

必要な PA のライセンス

同時共有数(FileMaker の共有数)に応じた PA のライセンスが必要です。ライセンスの一覧は以下のページをご覧ください。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)