リストの一覧画面をカスタマイズ

リストの一覧画面は、表計算ソフトのようなレイアウトです。Win/Mac 環境の場合は、以下の方法で列幅や列順を変更することができます。v4.8.2 からは、PowerAddress の再起動後も変更内容が維持されます。

フィールドの列幅を変更するには

フィールド名とフィールド名の間にマウスのポインタを合わせると、マウスポインタが幅を変更するアイコンに変化します。この状態で左右どちらかにドラッグ(マウスのボタンを押しながら動かす)します。

フィールドの順序を変更するには

フィールド名を任意の位置にドラッグします。

不要なフィールドを非表示にするには

フィールド名にマウスのポインタを合わせると、フィールド名の右に [▼] が表示されます。フィールドを非表示にするには、不要なフィールドの [▼] をクリックし、[フィールドを隠す] を選択します。

リセットするには(初期状態に戻すには)

表以外の部分を右クリックして [表形式> リセット…] を実行するか、任意のフィールド名の [▼] から [表形式> リセット…] を実行します。

こちらの記事もどうぞ (自動生成)