郵便番号データベースの使い方

郵便番号と住所の相互変換、大口事業所の検索

郵便番号データベースは、日本郵便株式会社編の全国約12万件の郵便番号データと約2万件の大口事業所データを PowerAddress 用に最適化したものです。郵便番号検索、住所の一部からの検索、ひらがなでの検索、事業所名からの検索などを使って、住所データを簡単に入力することができます。

郵便番号データベースを使用するには、PowerAddress フォルダ内に zipcode ファイルが保存されている必要があります。また、「設定> 郵便番号DB」画面で [郵便番号データベースを使う] が ON になっている必要もあります。郵便番号データベースの特長は以下のページをご覧ください。

郵便番号データベースは、カードや印刷詳細レイアウトに配置されている [〒] ラベルか [所属] ラベルをクリックすると検索処理が起動します。スクリプトメニューから「郵便番号データベースを開く」を選択して開くこともできます。

郵便番号データベースを使うと、住所の入力が簡単に行えます。郵便番号データベースの検索および住所の入力方法の詳細は、以下の各ページをご覧ください。

郵便番号データベースを使って入力すると、郵便番号は半角のハイフン有りの形式に、住所や事業所名は日本郵便の郵便番号データベースに沿った形式となり、住所に関連する表記を一定の形式に揃えることができます。

関連ページ

こちらの記事もどうぞ (自動生成)