FileMaker Go 12 への対応について

iOS 上の FileMaker Go 12 への対応状況についてお知らせいたします。対応 OS は iPad や iPhone 上で動く iOS です。

主な改善点

  • ホームボタン押下後の復帰が可能です。再度開く必要はありません。
  • 標準タイプのエクスポートが可能です。現在の FileMaker Go 12 は、dBasa、Excel ワークブック(.xlsx)形式、HTML、Merge、コンマ区切り、タブ区切りをサポートします。
  • Merge 形式(項目名付き CSV ファイル)でのバックアップが可能です。
  • 印刷を実行することができます。
  • 印刷内容を PDF にすることができます。※クライアント時除く
  • はがき印刷のフォントサイズの設定値は、Win/Mac、iOS、それぞれ別々に維持されます。
  • レコード移動ボタンの幅が狭くなる問題を修正。

制限がある主な機能

  • エクスポート
    • FileMaker Pro、XML、Excel 95-2004 ワークブック(.xls)形式へのエクスポートはサポートされていません。
    • PA では、フィールドの選択、並び替えは反映されません。 → FileMaker Go 12.0.5 で問題解決 New!
  • 宛名印刷
    • フォントの指定はサポートされていません。
    • はがき印刷
      • はがき縦置き縦書きは未サポートです。
      • 縦書き以外のはがき印刷レイアウトはフォントサイズを小さくすれば印刷可能です。フォントサイズやレイアウトをある程度確保したい場合は、洋3封筒の印刷レイアウトを使う方法もあります。その際は、設定> 印刷> 印刷一般の [郵便番号を枠内に印刷する] を OFF にすることをおすすめします。 → FileMaker Go 12.0.5 で問題解決 New!
    • A4サイズのラベル印刷(所属宛て)
      • 情報量が多い場合は10面、役職無しの場合は18面くらいまで。
    • A4サイズのラベル印刷(自宅宛て)
      • 連名1名だと21面、連名無しの場合は24面くらいまで。
    • レターサイズのラベル印刷
      • 英語圏向けで情報量が少ない場合は30面の印刷も可能。
  • メール配信
  • 簡単バックアップ
    • FileMaker Pro 形式でのバックアップはサポートされていません。

非対応となる主な機能

  • ふりがなの自動入力
    • 「姓」に文字を入力しても「姓_ふりがな」は設定されません。
    • 「名」に文字を入力しても「名_ふりがな」は設定されません。
    • 「所属」に文字を入力しても「所属_ふりがな」は設定されません。
  • インポート
  • 拡張タイプのエクスポート
  • アドレスブックの更新
  • 縦書きの印刷
    • はがき縦置き縦書き
    • 封筒縦置き縦書き
  • パスワードの設定

対象となる製品

  • PowerAddress 4.9
  • PowerAddress 4.8.2
  • PowerAddress 4.8

こちらの記事もどうぞ (自動生成)