ダウンロードから起動まで (Windows 編)

Windows をお使いのお客様へ

Windows 環境でのダウンロードから起動までの操作例です。Mac 環境のお客様はこちらをご覧ください。アプリ版とファイルメーカー版の違いについてはこちらをご覧ください。以下のボタンをクリックして [保存] を選択すると、ダウンロードがすぐに開始されます。

主に単体で起動する場合 (はじめての方)↓ FileMaker で起動または共有する場合↓
Windows アプリ版
PowerAddress RT 4.9 for Windows

PowerAddress RT 4.9 for Windows を powershift.jp からダウンロード

RT v4.9 for Win
Windows XP 〜
59MB, zip
ファイルメーカー版
PowerAddress FM 4.9

PowerAddress FM 4.9 を powershift.jp からダウンロード

FM v4.9
FileMaker 12 〜
32MB, zip

FileMaker で同時共有する場合は、ホストとなるパソコンにだけ PowerAddress(以下 PA)をインストールします。クライアントとなるパソコンや iOS デバイスにはインストールする必要はありません。詳しくはこちらをご覧ください。Web ブラウザで共有する場合はこちらをご覧ください。

既にご利用中のお客様へ

ダウンロードの前に、現在ご利用中の PowerAddress をバックアップすることをおすすめいたします。ダウンロードや複数設置の際は、現在ご利用中の PowerAddress フォルダを上書きしたり削除しないようご注意ください。PowerAddress フォルダについてはこちらをご覧ください。

ダウンロードから起動までの手順

PA のダウンロード用ファイルは、ZIP という形式で圧縮されています。アプリ版のファイル名は「part_490_win.zip」、ファイルメーカー版は「pafm_490.zip」となります。このファイルのことを「圧縮ファイル」や「圧縮フォルダ」などと呼びます。ダウンロードは、通信速度により数十秒から数分かかります。

1. ダウンロード

ダウンロード(保存)すると、通常は自身のパソコンの「ダウンロード」フォルダに「part_490_win.zip」や「pafm_490.zip」などの圧縮ファイルが保存されます。

2. まずは展開(解凍)

ダウンロードした圧縮ファイルは、元のファイル形式に展開(解凍)する必要があります。Windows の標準機能か圧縮展開用のソフト使って展開してください。以下は簡単な展開例です。その他の展開例はこのページ内の「ブラウザ別の操作例」をご覧ください。

展開先は好きな場所を選べます。まずはデスクトップや自身のフォルダ内に設置するのがよいでしょう。後で移動することも可能です。

3. PowerAddress フォルダを確認

展開が完了すると「PowerAddress RT 4.9」や「PowerAddress FM 4.9」などのフォルダが現れます。このフォルダの中にソフトの本体と住所録ファイルなどが格納されています。PA はこのフォルダ単位で動作します。

4. 起動

PA を起動するには、アプリ版であれば PowerAddress フォルダ内の PowerAddress というファイルを、FileMaker 版であれば main というファイルをダブルクリックします。次回から簡単に起動するには、これらのファイルのショートカットをデスクトップに作成したり、タスクバーやスタートメニューに表示(Windows 8 ではピン留め)しておくとよいでしょう。ショートカットの作成方法はこちらをご覧ください。

起動時の注意事項

Win アプリ版の起動時の警告を非表示にするには…

Win ランタイム版は、起動時にセキュリティの警告が表示されます。次回から警告を非表示にするには、警告画面にある「このファイル開く前に常に警告する」のチェックマークを外して [実行] ボタンをクリックします。詳しくは以下のページをご覧ください。

「〜.dll がないため、プログラムを開始できません」と表示される場合は…

「コンピュータに xerces-c_3_0.dll がないため、プログラムを開始できません。…」と表示される場合は、ダウンロードしたファイルを展開せずに、圧縮フォルダ(part_490_win.zip など)内の PowerAddress.exe をダブルクリックしていませんか? PowerAddress のダウンロードファイルは ZIP 形式で圧縮されています。必ず展開(解凍)してからご利用ください。詳しくは以下のページをご覧ください。

ブラウザ別の操作例

Win/Mac アプリ版を例に、ダウンロード、展開、起動までの手順を解説します。PA は、デスクトップやユーザーフォルダなど、任意の場所に展開して使用することができます。展開後に移動することも可能です。ここではデスクトップに展開しています。操作方法は、OS やブラウザのバージョンにより若干異なります。

Internet Explorer 9〜10

  1. ダウンロードボタンまたはダウンロードリンクをクリック ※1
  2. [保存] をクリック
  3. ダウンロード完了後、ブラウザ画面下の [ファイルを開く] をクリック ※4
  4. 圧縮フォルダ内の PowerAddress フォルダをデスクトップにドラッグ ※5
  5. 起動は、PowerAddress フォルダ内にある PowerAddress をダブルクリック

Internet Explorer 8

  1. ダウンロードボタンまたはダウンロードリンクをクリック ※1
  2. [保存] をクリック
  3. デスクトップを指定し、[保存] をクリック
  4. ダウンロード完了後、ダイアログにある [ファイルを開く] をクリック ※4
  5. 圧縮フォルダ内の PowerAddress フォルダをデスクトップにドラッグ ※5
  6. 起動は、PowerAddress フォルダ内にある PowerAddress をダブルクリック

Chrome v23〜

  1. ダウンロードボタンまたはダウンロードリンクをクリック ※2
  2. ダウンロード完了後、ブラウザ画面下の圧縮フォルダをクリックして開く ※4
  3. 圧縮フォルダ内の PowerAddress フォルダをデスクトップにドラッグ ※5
  4. 起動は、PowerAddress フォルダ内にある PowerAddress をダブルクリック

Firefox v16〜

  1. ダウンロードボタンまたはダウンロードリンクをクリック ※3
  2. [ファイルを保存する] を選択して [OK] をクリック
  3. ダウンロード完了後、ダウンロードマネージャの圧縮フォルダをダブルクリック ※4
  4. 圧縮フォルダ内の PowerAddress フォルダをデスクトップにドラッグ ※5
  5. 起動は、PowerAddress フォルダ内にある PowerAddress をダブルクリック

補足

※1)Internet Explorer 9〜10 でダウンロードすると、ブラウザ画面下にダウンロードの状況が表示されます。この表示を誤って消した場合は、ブラウザ画面右上にある歯車のアイコンをクリックし、[ダウンロードの表示] を選択してください。なお、Internet Explorer 9 を使うには、Windows Vista か Windows 7 が必要です。Internet Explorer 10 を使うには、Windows 7 か Windows 8 が必要です。

※2)Chrome でダウンロードすると、ブラウザ画面下にダウンロードの状況が表示されます。この表示を誤って消した場合は、ブラウザ画面右上にある設定アイコンをクリックし、[ダウンロード] を選択してください。

※3)Firefox でダウンロードすると、ダウンロードマネージャが表示されます。この表示を誤って消した場合は、ブラウザ画面左上にある [Firefox](Windows XP の場合は ブラウザのメニューバーにある [ツール])をクリックし、[ダウンロード] を選択してください。

※4)この例では、圧縮フォルダを Windows のエクスプローラで開いて展開の準備をしています。圧縮展開ソフトを別途インストールしている場合は、そのソフトの案内画面が表示されたり、自動的に展開される場合があります。ダウンロードした圧縮フォルダは、通常、「ダウンロード」フォルダにあります。詳しい展開方法は、インストールしたソフトのドキュメントをご覧ください。

※5)Windows のエクスプローラを使った展開例です。ドラッグとは、クリックしたまま移動することを指します。ドラッグすると展開したものが異動先にコピーされます。圧縮フォルダは、展開が終わったら削除してもかまいません。ダウンロードした圧縮フォルダは、通常、自身のユーザーフォルダ内の「ダウンロード」というフォルダにあります。なお、Windows Vista や XP の場合は、圧縮フォルダ内からコピーする際に「Windows セキュリティの警告」というダイアログが表示される場合があります。信頼する場所(Powershift、Vector など)からのダウンロードと判断した場合は、[はい] をクリックしてコピーを続けてください。

関連ページ

こちらの記事もどうぞ (自動生成)