更新日

ダウンロードした zip ファイルの展開方法

Q. 質問

PowerAddress Win についての質問です。圧縮フォルダの展開方法を教えてください。

A. 回答

展開(解凍)する方法は色々あります。ここでは、あらかじめ Windows に備わっている機能を使って展開する方法を紹介します。1つは、エクスプローラで開いて展開する方法です。もう1つは、展開ウィザードを使って展開する方法です。

まずは、PowerAddress をダウンロードし、圧縮フォルダを任意の場所に保存します。ダウンロード方法についての詳細は「ダウンロード方法 (Windows)」をご覧ください。

なお、圧縮展開ソフトを別途インストールしている場合は、展開方法や右クリックのメニューが異なります。詳しい展開方法は、インストールしたソフトのドキュメントをご覧ください。

エクスプローラで開いて展開する方法

簡単な展開方法の一つです。通常のフォルダやファイルを操作する感覚で展開することができます。展開の手順は以下のとおりです。

1、圧縮フォルダを開く

圧縮フォルダをエクスプローラーで確実に開くには、圧縮フォルダを右クリックし、「プログラムから開く> エクスプローラー」を指定して開きます。

圧縮フォルダをダブルクリックして開くこともできますが、圧縮展開ソフトを別途インストールしている場合は、そのソフトの案内画面が表示されたり、自動的に展開される場合があります。

圧縮フォルダを開く
圧縮フォルダを開く

2、展開先にドラッグ

圧縮フォルダ内にある PowerAddress フォルダ(RT v4.9 の場合は PowerAddress RT 4.9)を、展開したい場所へドラッグ(左クリックしたままフォルダを移動)します。デスクトップに展開する場合は、デスクトップの任意の場所にドラッグします。

展開先にドラッグ
展開先にドラッグ

3、PowerAddress が展開されます

PowerAddress フォルダが展開されます。完了するまで少々お待ちください。展開後、圧縮フォルダは削除してもかまいません。

ソフトを実行するには、展開後の PowerAddress フォルダ(RT v4.9 の場合は PowerAddress RT 4.9)を開き、その中にある「PowerAddress」という実行ファイルをダブルクリックします。

PowerAddress を展開
PowerAddress を展開

圧縮ウィザードを使って展開する方法

展開する場所を簡単に指定することができます。展開の手順は以下のとおりです。

1、展開ウィザードを起動

ダウンロードした圧縮フォルダをを右クリックして、「すべて展開…」を選びます。

圧縮展開ソフトを別途インストールしている場合は、「すべて展開…」が表示されない場合があります。詳しくは圧縮展開ソフトのドキュメントをご覧ください。

展開ウィザーを起動
展開ウィザーを起動

2、展開ウィザードを開始

展開ウィザードを使って展開する場合は、[次へ] ボタンをクリックします。

展開ウィザーを開始
展開ウィザーを開始

3、展開先を参照

[参照…] ボタンをクリックして展開(解凍)する場所を指定します。指定しない場合は、圧縮フォルダのある場所に「part_490_win(RT v4.9 の場合)」というフォルダを作り、その中に「PowerAddress RT 4.9」フォルダを展開します。展開場所を確認するためにも、[参照…] ボタンをクリックすることをおすすめします。

展開先を参照
展開先を参照

4、展開先を指定

展開先を指定し [OK] ボタンをクリックします。デスクトップに展開する場合は、図のようにデスクトップを指定し [OK] ボタンをクリックします。

展開先を指定
展開先を指定

5、展開先を確認

展開先を確認し [次へ] ボタンをクリックします。

展開先を確認
展開先を確認

6、PowerAddress が展開されます

PowerAddress フォルダが展開されます。完了するまで少々お待ちください。

PowerAddress を展開
PowerAddress を展開

7、展開ウィザードを閉じる

展開が完了しました。[完了] ボタンをクリックします。デスクトップに展開した場合は、チェックボックスを外して完了した方がわかりやすいでしょう。圧縮フォルダは削除してもかまいません。

ソフトを実行するには、展開後の PowerAddress フォルダ(RT v4.9 の場合は PowerAddress RT 4.9)を開き、その中にある「PowerAddress」という実行ファイルをダブルクリックします。

展開ウィザードを閉じる
展開ウィザードを閉じる

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.x