更新日

vCard インポート時の ¥ などを削除する方法

Q. 質問

PowerAddress(以下 PA)のインポート機能についての質問です。vCard をインポートすると、所属や自宅の URL の一部に ¥(円マーク)やバックスラッシュが付加されることがあります。これらの文字は除外できますか?

A. 回答

ご利用の vCard は、Mac のアドレスブックで書き出したものではないでしょうか? Mac のアドレスブックで vCard を書き出すと、URL の一部に ¥(円マーク)やバックスラッシュが付加されます。これらの文字の処理方法は PowerAddress のバージョンにより異なります。

PowerAddress 4.5、RT 4.7、FM 4.7 の場合

インポート時に自動的に修正されます。過去にインポートしたデータにこれらの文字が含まれている場合は、最適化処理で除外することができます。最適化処理を行うには、スクリプトメニューから [フィールド内容の最適化…] を実行します。

PowerAddress 旧バージョンの場合

PA 3.x 〜 4.0 の場合は、vCard を事前に編集する必要があります。アドレスブックの環境設定で vCard のフォーマットが「vCard 2.1 日本語(Mac OS)」になっている場合は、ホームページの情報が以下のようになります。

http¥://www.powershift.ne.jp/

アドレスブックの環境設定で vCard のフォーマットが「vCard 3.0」になっている場合は、以下のようになります。

http\://www.powershift.ne.jp/

PA 3.x 〜 4.0 はインポートした情報をそのまま表示しています。この問題を回避するには、Mac のアドレスブックで書き出した vCard を事前に編集する必要があります。以下は編集例です。

vCard のフォーマットが「vCard 2.1 日本語(Mac OS)」の場合

  1. 問題の vCard を Mac のテキストエディットなどで開く
  2. 編集メニューから「検索> 検索…」を実行
  3. 検索と置換文字列を以下のように入力し、[すべて置き換え] をクリック
    検索文字列 http¥:
    置換文字列 http:
  4. vCard を保存(必要であれば別名保存)
  5. PA を起動し編集済みの vCard をインポート

vCard のフォーマットが「vCard 3.0」の場合

  1. 問題の vCard を Mac のテキストエディットなどで開く
    vCard のエンコーディングが UTF-8 になっているので、テキストエディットのファイルメニューから「開く…」を選び、標準テキストのエンコーディングを「Unicode(UTF-8)」にしてから vCard を開くとよいでしょう。
  2. 編集メニューから「検索> 検索…」を実行
  3. 検索と置換文字列を以下のように入力し、[すべて置き換え] をクリック
    検索文字列 http\:
    置換文字列 http:
  4. vCard を保存(必要であれば別名保存)
  5. PA を起動し編集済みの vCard をインポート

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.x

関連資料