更新日

住所録を Android スマホへ移行したい

Q. 質問

住所録データを Android 携帯(Android スマートフォン)の電話帳へ移行するにはどうしたらいいですか?

A. 回答

Google の Gmail 連絡先を経由した移行をお試しください。操作は簡単です。ここでは、ある Android 携帯を使った例をご紹介します。姓名の順番を正しく移行できるのはもちろん、ふりがなやグループ(PA のカテゴリ)の移行も可能です。

ご利用の前に、Android 携帯の電話帳や Gmail 連絡先のバックアップをおすすめします。また、Android 携帯と Gmail のマニュアル(特にデータの同期について)に目を通しておくことをおすすめします。

追記(2017/08/10)

移行の準備

  • Google の Gmail アカウントを取得します。
  • Android 端末の「設定> アカウントと同期の設定」に Gmail アカウントを追加します。
  • Android 端末の「設定> アカウントと同期の設定」で自動同期の ON/OFF を設定します。手動で同期する場合は、この値を OFF にします。自動同期を ON にする場合は、Gmail アカウントの詳細画面で「電話帳同期」が有効になっていることを確認してください。

v4.7 〜 v4.9 の場合

  1. PA を起動し、検索機能などを使って移行したいレコードを抽出します。
  2. PA の「設定> データ移行> Google Gmail 連絡先 CSV」画面にあるエクスポート時のオプションを確認します。敬称が不要な場合は「エクスポートしない」にします。Gmail 連絡先の Myコンタクトに追加したい場合は、グループに Myコンタクトを含めておきます。※注1, ※注2, ※注3
  3. PA のエクスポート画面を開き、Google Gmail 連絡先 CSV の [エクスポート…] をクリックしエクスポートします。
  4. Gmail にログインし、画面左側にある [Gmail ▼] から [連絡先] を選択します。
  5. 連絡先の画面左にある [連絡先をインポート…] をクリックするか、メニューの [その他▼] から [インポート…] を選びます。
  6. [ファイルを選択…] ボタンをクリックし、PA でエクスポートした CSV ファイルを指定して [インポート] をクリックします。
  7. 必要であれば、メニューの [その他▼] から [重複する連絡先を検索して結合…] を実行したり、グループ分けを整理します。
  8. 自動同期を ON にしている場合は、程なく自動的に同期されます。自動同期が OFF の場合は、手動で同期する必要があります。手動で同期するには、Android 端末の「設定> アカウントと同期の設定」で Gmail アカウントを選び「電話帳同期」をタップします。

移行手順(PA v4.5 〜 v4.6 の場合)

  1. PA を起動し、検索機能などを使って移行したいレコードを抽出します。
  2. PA の「設定> データ移行> Google Gmail 連絡先 CSV」画面にあるエクスポート時のオプションを確認します。※注1
  3. PA のエクスポート画面を開き、Google Gmail 連絡先 CSV の [エクスポート…] をクリックしエクスポートします。
  4. 必要であれば、エクスポートしたファイルを表計算ソフトなどで編集します。敬称を削除したい場合は、Name Suffix の列を削除します。※注2
  5. Gmail にログインし、画面左側にある [Gmail ▼] から [連絡先] を選択します。
  6. 連絡先の画面左にある [連絡先をインポート…] をクリックするか、メニューの [その他▼] から [インポート…] を選びます。
  7. [ファイルを選択…] ボタンをクリックし、PA でエクスポートした CSV ファイルを指定して [インポート] をクリックします。
  8. 必要であれば、メニューの [その他▼] から [重複する連絡先を検索して結合…] を実行したり、グループ分けを整理します。
  9. インポートしたレコードを「Myコンタクト」に追加します。※注3
  10. 自動同期を ON にしている場合は、程なく自動的に同期されます。自動同期が OFF の場合は、手動で同期する必要があります。手動で同期するには、Android 端末の「設定> アカウントと同期の設定」で Gmail アカウントを選び「電話帳同期」をタップします。

※注1)ふりがなについて
ふりがなを半角カナにしたい場合は、PA の設定> データ移行> Google Gmail 連絡先 CSV  の「ふりがな変換」を「半角カナに変換」にしてからエクスポートします。

※注2)敬称について
Google Gmail 連絡先は、姓名が空で会社名と敬称が設定されているレコードを”会社名のみのレコード”として扱いますが、電話帳アプリの仕様により、”姓名無しの個人のレコード”(表示名が敬称のみ)となる場合があります。PA v4.7 以降をご利用であれば、「敬称」のエクスポートオプションを「エクスポートしない」にすることをおすすめします。PA v4.5 〜 v4.6 をご利用の場合は、PA でエクスポートしたファイルを表計算ソフトなどで開き、Name Suffix の列を削除しておくことをおすすめします。

※注3)グループについて
電話帳アプリの電話帳タブに連絡先を表示したい場合は、グループに Myコンタクトを含めておくか、Gmail 連絡先にインポートしたレコードを Myコンタクトに追加することをおすすめします。PA v4.7 以降をご利用であれば、エクスポートオプションを使って、グループに Myコンタクトを含めておきます。PA v4.5 〜 v4.6 をご利用の場合は、Gmail 連絡先にインポートしたレコードにチェックを入れ、[グループ▼] から [Myコンタクト] を選んで適用します。

PA のカテゴリや Myコンタクトの他に「インポート(YY/MM/DD)」というグループが作成され、インポート時のすべてのレコードがこのグループに追加されます。カッコ内の YY/MM/DD はインポートの日時が挿入されます。YY は西暦の下2桁、MM は月、DD は日です。

注意事項

Gmail 連絡先と Android 端末の同期を行うと、両方のデータが同じ状態になります。とても便利な機能ですが、間違った操作を行うとデータが消失する場合があります。例えば、同期した後、一方のレコードを削除して再度同期すると、他方の同様のレコードが削除されます。同期する際は、バックアップはもちろん、マニュアルの確認、同期のテストなどを行うことをおすすめします。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 4.9
  • PowerAddress 4.8.x
  • PowerAddress 4.7
  • PowerAddress 4.5

関連ページ

外部リンク