更新日

顧客の分類、抽出方法について

Q. 質問

顧客の連絡先管理に使用しています。顧客の分類方法についての質問です。既存のお客様と見込み客を分類するには?

A. 回答

分類方法は色々あります。例えば、任意のフィールドを使って、その人が既存のお客様なのか見込み客なのかを記録しておきます。検索したいときは、そのフィールドを「既存のお客様」か「見込み客」かで検索します。

カテゴリのメニューに「見込み客」を追加

まずは、カテゴリの欄を使って分類してはいかがでしょうか。カード画面の顔写真の右にあるポップアップメニューです。

ポップアップメニューをクリックすると、カテゴリのメニューが表示されます。初期状態では「顧客」はありますが、「見込み客」はありません。メニューは自由に編集できますので、メニューの下にある「編集…」を開き、「見込み客」を追加してください。顧客情報を入力する際は、このカテゴリを使って「顧客」か「見込み客」を記録します。

カテゴリのほかに、メモ欄の「◎」、「○」、「△」などを使ってもよいでしょう。メモのメニューを編集し、お客様用の単語や記号を使うのもいいですね。カテゴリとこれらのメモを組み合わせて記録すると、更に細かい分類が可能です。

分類した情報を抽出したいときは、カード検索画面を開き、カテゴリの欄を「顧客」か「見込み客」で検索します。とても簡単です。東京の顧客を検索したいときは、カード検索画面の都道府県を「東京」、カテゴリを「顧客」として検索します。

PA の顧客管理は、お客様次第で様々な分類が可能です。データベースならではの情報分類機能、柔軟で強力な検索機能をご活用ください。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

関連ページ