更新日

CSVで書き出し、国際郵便マイページのアドレス帳へ

Q. 質問

EMS ラベルや必要書類の印刷のため、PA の海外向けの住所録データを日本郵便の国際郵便マイページサービスのアドレス帳に移行したい。このアドレス帳用の CSV ファイルを作成するには?

A. 回答

若干の編集作業が必要になります。必要なフィールドをコンマ区切りテキストとしてエクスポートし、日本郵便の国際郵便マイページサービスのアドレス帳(以下、移行先のアドレス帳)の項目名を追加します。注意点と移行手順は以下のとおりです。

注意点

移行先のアドレス帳の2番目のフィールドは、お届け先の名前として使用されますので、Mr. や Ms. などの敬称が必要です。PA の表示名は敬称を含んでいませんので、未使用のテキストフィールドを使って敬称付きのデータを作成するか、表示名をそのままエクスポートし、CSV ファイル上で敬称を追加する必要があります。

国名は2文字の「国名コード」にする必要があります。あらかじめ PA 上の国名を国名コードにするか、CSV ファイル上で編集する必要があります。例えば、カナダは CA、中国は CN、フランスは FR、ドイツは DE、イタリアは IT、韓国は KR、ロシアは RU、イギリスは GB、アメリカは US などです。国名コードの一覧は、国際郵便マイページサービスのインポート画面にある「国名コード一覧をダウンロードする」で調べることができます。

移行手順

ここでは、旧姓のフィールドを使って敬称付きのデータを作成します。国名はあらかじめ国名コードになっているとします。住所は所属宛てのものを使います。自宅宛てにしたい場合は、「自宅_郵便番号」などを使用してください。

  1. 移行したい海外向けの住所録データを抽出します。
  2. 敬称付きの名前を作成します。未使用のテキストフィールドが必要です。ここでは「旧姓」の欄を使用します。「敬称」には Mr. や Ms. が設定されているとします。
    1. スクリプトメニューから「フィールド内容の複製, 移動, 入替, 追記…」を選択
    2. 「表示名」を「旧姓」へ複製
    3. 「敬称」を「旧姓」の「前」に「半角スペース」を間に加えて追記
  3. エクスポート画面の標準タイプの [エクスポート…] をクリックします。
  4. ファイルの保存先を指定し、ファイルタイプを「コンマ区切りテキスト」にして [保存] をクリックします。
  5. フィールドのエクスポート順を以下のように設定(所属住所の例)して [エクスポート] をクリックします。※は必須項目です。その他は空欄でも構いませんが、項目数と必須項目の位置は変更できません。
    • ID
    • 旧姓 ※(手順2で敬称付きの名前を旧姓のフィールドに作成した場合)
    • 所属
    • 部署
    • 所属_郵便番号
    • 所属_建物名等
    • 所属_町域と番地 ※(自動生成されるフィールドを使用)
    • 所属_市区町村 ※
    • 所属_都道府県
    • 所属_国名 ※(2文字の国名コードにする必要あり)
    • 所属_TEL
    • 所属_FAX
    • 所属_mail
  6. エクスポートした CSV ファイルの先頭行に移行先のアドレス帳の項目名を追加します。以下の “User ID” 〜 “E-mail address” までの1行をコピー&ペーストしてください。
    "User ID","Name","CompanyName","Department","Postal code","Address 1","Address 2","Address 3","STATES,etc.","COUNTRY","Tel","Fax","E-mail address"
  7. 移行先のアドレス帳を開き、編集した CSV ファイルをインポートします。

以上です。

日本郵便の国際郵便マイページサービスは、EMS ラベル印字の受付のほか、EMS、国際eパケット、国際小包、国際書留郵便の発送に必要な書類を印刷できます。作成した EMS ラベルは無料で届きます。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

外部サイト

日本郵便の国際郵便マイページサービスは、EMS ラベル印字の受付のほか、EMS、国際eパケット、国際小包、国際書留郵便の発送に必要な書類を印刷できるウェブサービスです。

関連ページ