更新日

検索オプションを “拡大” にして検索、繰り返し可能

Q. 質問

何らかの検索を行った後、その検索結果に別の検索結果を加えることはできますか? 例えば、東京在住の顧客を検索した後、その検索結果に神奈川在住の顧客を追加したい場合などです。

A. 回答

はい、可能です。この場合は拡大検索のオプションを指定します。”拡大”とは、対象レコードを検索毎に拡大していくという意味です。横断検索とカード検索は、絞り込み検索と拡大検索のオプション指定が可能です。拡大検索を行うと、ある検索結果に別の検索結果を加えることができます。絞り込み検索については「検索結果を絞り込むには?」をご覧ください。

拡大検索を行うには

拡大検索は、何度でも繰り返すことができます。拡大検索の操作例は以下のとおりです。

  1. 何らかの検索を実行(レコードの除外操作でも可)
  2. 横断検索かカード検索画面を開き、検索オプションを「拡大」にして検索
  3. 対象レコードを更に拡大したい場合は、手順2.を再実行

検索オプションの指定方法

横断検索の場合は、キーワード下の「検索オプション」メニューで指定します。カード検索の場合は、画面右上の「対象」メニューで指定します。

ヒント

前回の検索結果や他の検索結果と比較したい場合は、[ウインドウ] メニューから [新規ウインドウ] を実行し、ウインドウ毎に検索を行うと便利です。

この質問と回答に該当する製品

この質問と回答に該当する製品とバージョンは以下のとおりです。

  • PowerAddress 5.0
  • PowerAddress 4.9

関連ページ