更新日

はがきデザインキットの住所録 CSV ヘッダー

日本郵便のはがきデザインキットの住所録を PowerAddress に移行する方法です。はがきデザインキットの住所録を CSV 形式で書き出し、先頭行の項目名を PA 用に編集してからインポートすると簡単です。インポート処理の試用も可能です。記事中の移行元と移行先のソフトは以下のとおりです。

  • はがきデザインキット 2013 v6.1.0
  • PowerAddress v4.8.2

移行手順

  1. はがきデザインキットを起動し、[あて名面作成] をクリックします。
  2. 移行対象の連絡先にチェックマークを付け、[住所書出] をクリックします。
  3. 項目区切りをカンマ、その下を Windows か Mac にし、[OK] をクリックします。
  4. [すべて追加] をクリックし、左下の [CSV書出] をクリックしてエクスポートします。
  5. エクスポートした CSV ファイルの先頭行の「氏名(姓) 〜 送受履歴」を PA 用の項目名に編集します。以下の「姓 〜 メモ」までの1行をコピー&ペーストして置き換えてください。先頭行は、数行に折り返して表示される場合があります。
    姓,名,姓_ふりがな,名_ふりがな,,,自宅_郵便番号,自宅_都道府県,自宅_市区町村,自宅_番地,自宅_建物名等,所属,部署,役職,所属_郵便番号,所属_都道府県,所属_市区町村,所属_番地,所属_建物名等,敬称,,配偶者_名,,配偶者_敬称,,子供1_名,,子供1_敬称,,子供2_名,,子供2_敬称,,,,,,,,,,,,,カテゴリ,メモ
  6. PA を起動してインポート画面を開き、標準タイプの [インポート…] をクリックします。
  7. ファイルタイプを「コンマ区切りテキスト」にし、編集した CSV ファイルを指定します。
  8. ダイアログ下の「フィールド名が含まれる最初のレコードはインポートしない」が ON になっていることを確認し、ダイアログ右中程にある配置順を「照合名順」にします。
  9. [インポート] をクリック → インポートオプションを ON → [インポート] をクリックしてインポート完了です。

注意点

このページで紹介した移行手順の注意点は以下のとおりです。

  • はがきデザインキットの「自宅住所(市区町村)」は、PA の「自宅_市区町村」にインポートされます。PA の「自宅_町域」は空欄になります。
  • はがきデザインキットの「会社住所(市区町村)」は、PA の「所属_市区町村」にインポートされます。PA の「所属_町域」は空欄になります。
  • 連名の移行は自宅欄の「連名1 〜 3」のみです。
  • はがきデザインキットの「送受履歴」は、PA の「メモ(備考欄)」にインポートされます。

関連ページ

以下のページには、フィールド名の一覧とサンプルレコードを CSV、Excel、FileMaker Pro 12 形式のファイルにまとめたものがあります。コンマ区切りにしたフィールド名の一覧をコピーすることもできます。