更新日

PowerAddress フォルダ内の住所録ファイル(data)を入れ替える

ご利用の前に

住所録ファイルの上書きには十分ご注意ください。念のため、移行先の data をバックアップしてから移行することをおすすめします。移行先の data を違う場所へ移動するかファイル名を「_data」などとしておけばよいでしょう。上書きされた data は元に戻すことはできません。

住所録ファイルにパスワードが設定されている場合は、正しいパスワードを入力しない限り、データへのアクセスは行えません。また、試用期間を過ぎた住所録ファイルを使用するには、移行先の PowerAddress で認証できるライセンスキーが必要です。

v4.8 〜 5.0 のお客様へ

異なるバージョンの住所録ファイルは使用できませんが、v5.0 は例外として v4.8 〜 4.9 の住所録を使えるようにしています。ただし、v4.8 の住所録を使用すると起動時に「v5.0 の一部の機能は使えません」と警告が表示されます。v4.9 は警告なしで使用できますが、v4.8 と同様、v5.0 で加えた機能(data ファイルに関してはほんの一部ですが)は使えません。何れの場合もバックアップを書き出すなど、一時的な利用をおすすめいたします。バックアップを書き出したら v5.0 の data に戻し、バックアップファイルをインポートするとよいでしょう。

住所録ファイル(data)を入れ替えるには

住所録ファイル(data)を PowerAddress 間で入れ替えて使う方法です。同じ製品の同じバージョンの住所録ファイルは、Windows/Mac/iOS で互換性があります。住所録ファイルを入れ替えるには、コピー元の住所録ファイル(data)をコピーし、コピー先の PowerAddress フォルダ内にペースト(貼り付け)して上書き保存します。

住所録の更新頻度が低い場合は、この方法を使って複数の PowerAddress 間でデータを共用できるでしょう。ただし、何れかの住所録データが変更された場合は、何らかの方法でデータを更新しなければなりません。例えば、最新の住所録ファイルをサーバーの特定の場所や共有ストレージに置き、各ユーザーがそれをコピーして自身の住所録ファイルを更新するなど、データの更新は運用でカバーする必要があります。

手順

  1. 必要に応じて、移行元と移行先の PowerAddress をバックアップ
  2. 両方の PowerAddress が起動していないことを確認
  3. 移行元の住所録ファイル(data)をコピー
  4. コピーした住所録ファイル(data)を移行先の PowerAddress フォルダ内にペースト(貼り付け)して上書き

ファイル名は「data」のまま変更しないでください。

2 コメント

  1. ピンバック : PowerAddress Mac 5.0 リリースのお知らせ | PowerAddress Store

  2. 注意事項に以下の文を追加。その他、加筆修正。

    同一のバージョンでも、既製品とカスタマイズ製品の住所録ファイルは入れ替えて使用できません。

コメントは閉じられています。